薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

5αリダクターゼが原因のAGA

   

AGAの根本的な原因はDHT(ジヒドロテストステロン)で、この物質が産生されることでヘアサイクルを乱したり、毛母細胞の働きが弱まったりします。

DHTを作っているのは実は5αリダクターゼと呼ばれる存在で、男性ホルモンのテストステロンがこの酵素が変化させているのです。

テストステロン自体ならば男性が生きていくために欠かせない存在ですし、AGAの原因にも薄毛の原因にもなりません。

しかし、毛乳頭には5αリダクターゼが存在し、「テストステロン」⇒「DHT(ジヒドロテストステロン)」と変化させるからこそ、私たちは抜け毛や薄毛の症状で悩まされます。

酵素の5αリダクターゼは以下の2種類に分けられ、存在する箇所が異なるのが大きな特徴です。

Ⅰ型の5αリダクターゼ:皮脂腺に多く存在して脂性肌の人に多い
Ⅱ型の5αリダクターゼ:毛乳頭に多く存在して体毛や髭が濃い人に多い

AGA(男性型脱毛症)はⅡ型の5αリダクターゼと深く関わっており、「前頭部」「頭頂部」といった毛乳頭に存在します。

つまり、生え際が後退したりつむじの脱毛が始まったりというAGAの典型的な症状は、Ⅱ型の5αリダクターゼの影響を受けてテストステロンがDHTに変化しているのが大きな原因なのです。

その証拠として、Ⅱ型の5αリダクターゼが欠如している男性にはAGAが見られず、抜け毛や薄毛の症状は進行しないという特徴があります。

もちろん、薄毛の原因に繋がるのは間違いないものの、無意味に毛乳頭に5αリダクターゼが存在しているわけではありません。

テストステロンには筋肉量をアップしたり性欲を上昇させたりと男性が生きていくために欠かせず、これが減少して男らしさの維持に問題が生じた時に、10倍から30倍の力を持つDHTを生成して男性らしさを維持するのです。

それでも、AGAによる薄毛にとっては厄介な存在で、DHTの量を減らすためには5αリダクターゼをどうにかする必要があります。

そこで、以下のような成分が以前から注目されておりました。

亜鉛:滋養強壮として使われるミネラルで5αリダクターゼを抑える
ノコギリヤシ:サプリに配合されていて同じように5αリダクターゼを抑制する
アロエ:アロエの中に含まれているアロインという成分が5αリダクターゼを阻害する
ミカン:皮の部分に配合されたd-リモネンが酵素を抑制してDHTの産生を防ぐ

上記のような栄養素を摂取したり、この成分が含まれた育毛剤を使ったりすればAGAによる薄毛の対策に繋がります。

ただし、あくまでも「対策」というだけで、「治療」には繋がらないと把握しておきましょう。

効果的に5αリダクターゼを抑制できるのは医薬品のプロペシアだけで、この中にはフィナステリドと呼ばれる有効成分が配合されております。

医薬品なので副作用のリスクはあるものの、健康食品や育毛剤などの曖昧な効果ではないのです。

AGAによる薄毛治療として欠かせない存在なのは確かなので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで処方してもらってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの原因