薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとマグネシウム

   

AGAと密接な関係性のある栄養素というわけではありませんが、マグネシウムは私たちが生きていくために欠かせない存在となっております。

骨や歯の形成に必要な栄養素がマグネシウムで、カルシウムや亜鉛と同じミネラル分の一種です。

厚生労働省によると、以下の13種類のミネラルが抜け毛や薄毛の改善に効果的だと発表がありました。

・マグネシウム
・カルシウム
・ヨウ素
・ナトリウム
・リン
・クロム
・マンガン
・鉄分
・亜鉛
・銅
・カリウム
・モリブデン
・セレン

どれも毎日の食生活で摂取したからといって、AGAによる抜け毛や薄毛の症状を直接抑えてくれるわけではありません。

それでも、これらの必須ミネラルが体内から不足すると、鉛やアルミニウム、カドミウムや砒素などの有害金属が体外へと排出されずに体内へと蓄積されます。

その結果、抜け毛や薄毛の症状を悪化させる原因となるため、間接的にAGAの対策を行うためにも体内に必要なミネラルはバランス良く摂取した方が良いでしょう。

マグネシウムは硬水から摂取でき、普通の食生活を送っていれば著しく不足することはないはずです。

コンビニやスーパーでは「ゲロルシュタイナー」や「コントレックス」、「エビアン」といったミネラルウォーターが販売されており、簡単にマグネシウムを取り入れることができます。

しかし、マグネシウムが不足すると筋肉の痙攣や脱力感、不安感や偏頭痛といった症状の原因となり、場合によっては心臓障害を引き起こすこともあるので注意が必要です。

日本人で推奨されているマグネシウムの量は1日に370mg程度で、食生活の欧米化によって不足しやすくなったため、伝統的な日本の和の食材を意識的に食べなければなりません。

野菜類や豆類、魚介類や海草類の中に豊富に含まれており、その他の栄養素もたっぷりと摂取できるのでAGAの予防に繋げられます。

特に、現代人はストレスを溜めることが多く、上手く発散できないと尿中にたくさん排出されて不足気味になるので、毎日の生活でリフレッシュやリラックスを心掛けるべきです。

このように、食生活の見直しを図るとともに、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでAGA治療を受けていれば理想のヘアスタイルを手に入れられます。

AGAによる薄毛の治療には投薬療法や育毛メソセラピーといった方法が欠かせないので、湘南美容外科クリニックの専門医の指示に従って症状の改善を図ってみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAと関係のある栄養素・成分