薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとケトコナゾール

      2018/02/01

AGA対策の補助として使用した方が良いと言われているのはケトコナゾール配合のシャンプーで、皮膚炎や皮膚病の治療のために開発された成分となっております。

皮膚常在菌の真菌を殺菌する作用をケトコナゾールは持っており、脂漏性皮膚炎の治療に役立つのです。

頭皮に過剰な皮脂が分泌されて湿疹が形成される病気を脂漏性皮膚炎と呼び、放置していれば炎症が悪化して抜け毛や薄毛の症状は加速していきます。

AGA(男性型脱毛症)とは発症のメカニズムは異なるものの、脂漏性皮膚炎を併発すれば薄毛が進行しやすくなるのは間違いありません。

そこで、抗真菌薬のケトコナゾールが配合されたシャンプーの使用で予防するのが適しており、ニゾラールシャンプーやレビタシャンプーといった製品名で販売されております。

脂漏性皮膚炎の発症に至らなくても、皮脂の分泌増加によって炎症が起こって掻き毟り、頭皮環境が悪化して抜け毛に繋がるのは珍しくないでしょう。

この現象を予防できるのが抗真菌薬のケトコナゾールで、ローションタイプやクリームタイプも病院で処方されております。

また、様々な研究により、ケトコナゾールには以下のような作用も同時に持ち合わせていることが分かりました。

・CYP17の働きを阻害してプロゲステロンがアンドロステンジオンに変換されるのを防ぐ
・アンドロステンジオンがテストステロンに変わって更にDHTになるのを防ぐ
・結果的にヘアサイクルを狂わせて抜け毛を増加させるDHTの産生量を抑えられる
・抗DHT作用によって成長期の毛髪を増やして生えてくる髪の毛を太くする

上記のような効果も期待でき、ケトコナゾールが配合されたシャンプーやローションによってAGAの治療に繋げられるのはお分かり頂けるはずです。

薬局やドラッグストアといった実店舗では販売されていないので、病院で処方してもらうかインターネット通販の個人輸入代行業者を利用しなければなりません。

病院で処方してもらうのが最も安全性の高い方法となっておりますが、全てのAGA専門クリニックで取り扱っているわけではないのです。

そのため、クリニックでプロペシアやミノキシジルを処方してもらい、そのAGA治療の補助として個人輸入代行業者でニゾラールシャンプーを購入して毎日の生活に取り入れるという対策が適しております。

当サイトでご紹介しているオオサカ堂では、ケトコナゾール配合のニゾラールシャンプーを取り扱っているので、頭皮環境を正常に保ちたいと考えている男性は一度使ってみてください。
 

>>> ニゾラールシャンプーの詳細はこちら

 

 - AGAと関係のある栄養素・成分