薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと女性ホルモン

   

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が深く関わっているため、「女性ホルモンを増やせば改善できるのではないか?」と考えている方はいらっしゃいます。

確かに、頭頂部や生え際の毛乳頭にDHTが存在し、受容体と結び付いてヘアサイクルを狂わせ、抜け毛を増やして薄毛の症状を悪化させるというのがAGAのメカニズムです。

しかし、女性ホルモンを摂取しても髪の毛を増やせるわけではなく、剛毛から柔らかい髪質に変化したり、体毛が減少して体つきが女性化したりという変化しか引き起こされません。

女性ホルモンのエストロゲンには髪の毛を生やす作用があり、更年期の女性がびまん性脱毛症といった薄毛で悩まされるのはこのエストロゲンの減少が深く関わっております。

それでも、男性が摂取したとしても身体が女性化しておかまっぽくなるだけですし、「薄毛を治療したい」という根本的な効果は得られないので注意が必要です。

そもそも、男性ホルモンのテストステロンは男性が生きていくために欠かせない存在で、以下のような働きを担っております。

・逞しい身体のラインを形成する
・動脈硬化を防止する
・性欲を増進させて活力を上げる
・内臓脂肪の増加を抑える
・筋肉を大きくして骨を太くする
・精子を形成する

「男性の自信」に必要不可欠なのがテストステロンで、プレマリンやエストロモンといった女性ホルモン剤を服用し、男性ホルモンの分泌量が減少すればどのような悪影響が生じるか大よその目処は立つはずです。

もちろん、内服薬だけではなくクリニックでの女性ホルモン注射も一緒で、ホルモンバランスの変化によって性機能が低下します。

性欲減退や勃起力消失でオトコの自信が失われ、うつ状態に陥って日常生活に支障が出るケースも珍しくありません。

このように、女性ホルモンを増やしてもAGAの根本的な改善には至りませんし、リスクが大きい方法なので絶対にやめた方が良いでしょう。

以前はAGAの対処療法で女性ホルモン剤やホルモン注射が実施されておりましたが、確かな効果が得られるプロペシアやミノキシジルといった医薬品が登場しました。

そのため、現在ではほとんど行われていない薄毛治療ですし、女性にとってはホルモンバランスの乱れを改善できる優れた方法でも男性にとっては全く意味がないのです。

医学的に効果が認められたプロペシアやミノキシジルを使った薄毛治療がベストなので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAと関係のある栄養素・成分