薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと塩化カルプロニウム

   

血管を拡張して発毛を促すことのできる成分が塩化カルプロニウムで、育毛剤や外用薬の中に配合されております。

錠剤タイプは胃の諸症状を治すために用いられており、外用タイプの塩化カルプロニウムはAGAの治療として用いられているのです。

代表的なAGA治療薬のミノキシジルも血管拡張作用によって発毛効果を促すことが可能で、塩化カルプロニウムでも同じような効果が得られます。

そこで、どのような製品の中に塩化カルプロニウムが含まれているのか見ていきましょう。

カロヤンガッシュ:第一三共ヘルスケアから販売されている発毛促進効果が得られる育毛剤
フロジン液:主に円形脱毛症の治療として用いられる外用薬
アロビックス:フロジン液のジェネリック医薬品で価格が安い
加美乃素:抜け毛や脱毛の原因を様々な角度から予防する育毛剤

上記のような育毛剤や外用薬を頭皮へと直接塗布することにより、血管拡張作用によって頭皮の血流がアップします。

その結果、毛髪を作っている毛乳頭細胞に十分な酸素や栄養素が行き渡り、AGAの予防や改善に繋がるというメカニズムです。

プロペシアを服用して脱毛要因因子のDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑えていても、髪の毛の成長が損なわれていては全く意味がありません。

特に現代人は運動不足に陥るケースが多く、ただでさえ血行不良が引き起こされやすいため、AGA治療薬のプロペシアだけではなく塩化カルプロニウムが配合された育毛剤や外用薬を併用している男性が多いのです。

プロペシアが抜け毛を抑制する守りのAGA治療だとすると、直接的な発毛効果を得られるミノキシジルや塩化カルプロニウムは攻めのAGA治療だと考えられます。

ただし、ミノキシジルと塩化カルプロニウムは似たような作用が得られるものの、発毛に至るまでの仕組みが異なるので注意が必要です。

ミノキシジル⇒血管自体を増やす因子を増加させて血流を促す
塩化カルプロニウム⇒血管を広げることで血行促進を図る

ミノキシジルは血流を促すだけではなく、同時に毛髪が成長するのに欠かせないFGF7を増やすことも可能で、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインではAランクという高い評価を得ております。

その点、塩化カルプロニウムはC1ランクと評価が低く、ミノキシジルと同じような効果が得られるわけではないのです。

そのため、AGAの治療効果を少しでも高めたいのならば、塩化カルプロニウムではなくミノキシジルが含まれた育毛剤を湘南美容外科クリニックで処方してもらってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAと関係のある栄養素・成分