薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとキャピキシル

   

AGA(男性型脱毛症)に効果のある医薬品としてはプロペシアやミノキシジルが有名で、実際にこれらの内服薬や外用薬を使って薄毛の治療を行っている男性は多いはずです。

しかし、近年の育毛業界で話題となっている成分としてキャピキシルが登場し、注目を集めております。

「育毛業界でここまで話題となるのはミノキシジルが育毛剤のリアップの中に配合された時以来なのではないか」という意見も出回っておりました。

ミノキシジルの約3倍の効果を持つ天然成分がキャピキシルで、天然草からの抽出エキスがベースとなっております。

カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社で開発された成分で、成長因子と植物エキスを混合しており、以下のような効果が得られるのです。

・アカツメクサ花エキスの中に含まれているビオカニンAによって5αリダクターゼを阻害してくれる
・細胞修復作用を持つアセチルテラペプチド3で毛母細胞を復元してくれる
・毛包に直接働きかけて毛乳頭を活性化させて発毛を直接的に促す

上記のように、抜け毛の予防効果と発毛効果の両方を持ち合わせているからこそ、キャピキシルは育毛業界で注目を集めているのかもしれません。

この成分が3%以上含まれている製品は原料メーカーから認証エンブレムが付与されており、以下のような製品が有名となっております。

・フィンジア
・ボストンスカルプエッセンス
・Deeper3D
・ザスカルプ5.0c

もちろん、医薬品のミノキシジルと比較して完全に勝っていると証明はされていないものの、AGAの原因となる5αリダクターゼの抑制効果は非常に大きいのです。

アカツメクサ花エキスの中に配合されているビオカニンAが酵素を阻害し、ヘアサイクルを狂わせて抜け毛を助長するDHTの生成を防いでくれます。

内服薬のプロペシアと同じような効果が期待できることに加えて、発毛作用の相乗効果を得られる点がキャピキシル配合の育毛剤の特徴なのです。

それに、キャピキシルは医薬品ベースではないので副作用がなく、どんな肌質や体質の男性でも安全にAGA治療に取り組めるところもメリットなのではないでしょうか。

「肌の炎症やかぶれが絶対に引き起こされない」と言い切ることはできませんが、穏やかな作用が得られる点では一緒です。

しかし、AGAを発症するだけではなく動脈硬化や血行不良により、毛根が栄養失調状態となって衰退しているような男性にはキャピキシルよりもミノキシジルが適しております。

毛母細胞が修復されても血液流入が悪ければ効果は得られず、血管拡張作用を持ったミノキシジルの方が変化を実感しやすいかもしれません。

それに、キャピキシルが安全性の高い成分なのは間違いありませんが、数々の臨床試験で効果が確認されているわけではないのです。

そのため、確実にAGAを治療して薄毛を復活させたいのならば、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでも高い評価を得ているプロペシアとミノキシジルを併用してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAと関係のある栄養素・成分