薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとカフェイン

   

コーヒーや紅茶、緑茶の中に含まれている成分の一つがカフェインで、私たちは毎日の生活の中で何気なく摂取しているはずです。

プリンアルカロイドの一種の苦味成分がカフェインで、近年の研究によってAGAの症状に効き目があることが分かりました。

カフェインの摂取によって酵素の5αリダクターゼを抑制できるため、男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されるのを防いでくれます。

DHT(ジヒドロテストステロン)がAGAの元凶と言っても過言ではなく、この活性型男性ホルモンを抑えることで根本的な薄毛の対策に繋がるのです。

5αリダクターゼの抑制だけではなく、毛髪成長を刺激するのではないかと報告されており、シャンプーの中にカフェインを含ませるという試みも実施されております。

①コーヒーや紅茶を飲んでカフェインを摂取する
②酵素の5αリダクターゼの働きが阻害される
③テストステロンがDHTに変換されずに済む
④ヘアサイクルが正常化されて抜け毛の抑制に繋がる
⑤毛髪の成長を促す作用もあるので発毛効果も得られる

上記のような流れでAGAによる薄毛の改善に繋がる可能性があり、カフェインは注目を集めております。

とある研究ではカフェインの投与によって毛髪の寿命が37%延び、髪の毛自体も46%伸びたと結果が出ました。

ベルリンの大学クリニックではカフェインを頭皮へと直接吸収させるような実験が行われており、今後メインのAGA治療になるかもしれません。

もちろん、5αリダクターゼの抑制効果に関しては内服薬のプロペシアの方が圧倒的に上ですし、カフェインで確実に薄毛の治療に結び付けるのは困難なのは事実です。

それでも、大脳皮質を刺激して眠気を感じにくくしたり、脳の覚醒レベルを引き上げて疲労を解消したりという効果もカフェインは持ち合わせております。

適度な摂取を心掛けていれば副作用で悩まされる心配はなく、AGAによる抜け毛や薄毛の対策の一つとして取り入れる価値は十分にあるのです。

ただし、カフェインの過剰摂取によって以下のような弊害があるので、コーヒーや栄養ドリンクはなるべく飲み過ぎないようにしましょう。

・神経圧迫によって視覚異常や聴覚異常が生じる
・落ち着きがなくなる
・精神錯乱状態に陥る
・感覚過敏になる
・焦燥感や不安感に襲われる
・パニック発作を引き起こす
・幻覚や幻聴が生じる
・呼吸が速くなる
・吐き気や嘔吐に繋がる

どんなに身体にとって良い栄養素でも過剰に摂取していれば体調不良のリスクは高まります。

「カフェインだけで摂取していればAGAの治療に繋がる」というわけではないので、適量の摂取を心掛けてください。

 - AGAと関係のある栄養素・成分