薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと腕毛

      2018/02/01

AGAの治療薬によっては髪の毛が生えるだけではなく、腕毛といった体毛が同時に濃くなる場合があります。

その最たる医薬品がミノキシジルタブレットで、実際に服用した男性の中には以下のような口コミを残している人がいらっしゃいました。

・腕毛が濃くなった
・足の毛が濃くなった
・顔の毛が濃くなった
・体毛全体が増えたような気がする

個人の体質によって多少は異なるので一概には説明できないものの、AGA治療薬のミノキシジルタブレットには血管拡張作用があります。

血管を拡張させて血流を促し、頭皮に行き渡る栄養素の量が増えるため、服用を続けることで大きな発毛効果が得られるのです。

しかし、育毛剤とは違って内服薬なので全身にその作用が行き渡り、腕毛や胸毛などかなりの確率で体毛が濃くなります。

ミノキシジルタブレットの添付文書の中にも副作用の項目として、多毛症と記載されておりました。

とは言え、それは効果の範囲内なので副作用と呼ぶには少々言い過ぎかもしれません。

男性によっては体毛が濃くなるのが嫌だと感じるかもしれませんが、腕毛やすね毛が生えるということは効果が出ている証拠ですし、続けていれば頭髪にも影響を及ぼすので薄毛の治療に繋がります。

「ミノキシジルタブレットは最強の発毛剤」と感じている男性も少なくありませんし、抜け毛を抑制するプロペシアだけで変化を得られないのならば、一度使用してみるべきです。

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂ではミノキシジルタブレットも販売しているので、是非一度購入して薄毛の治療に役立ててみてください。
 

>>> ミノキシジルタブレットの詳細はこちら

 
さて、ミノキシジルタブレットの副作用で体毛が濃くなったとしても、冬場ならば露出する部分が少ないので気にならないはずです。

しかし、夏場はTシャツや短パンで外出する機会も多いですし、腕毛やすね毛があまりにも濃いと気になります。

そこで、カミソリや電気シェーバーを使って剃るのがおすすめで、専用の脱毛クリームを使用すれば肌へと加わる負担を減らせるのではないでしょうか。

女性のように脱毛エステサロンへと通う必要はないですし、自己処理を行うだけでも十分なのです。

もちろん、一度ムダ毛を処理しても表面の毛を剃っているだけで内部の毛母細胞にはダメージを与えられませんし、時間の経過によって新しい毛が生えてきます。

神経質になり過ぎてもストレスが溜まるだけですし、「AGAによる薄毛を治療するには仕方ない」と割り切ってミノキシジルタブレットを続けてみてください。

 - AGA治療のデメリット