薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと体毛

   

AGA治療の副作用として体毛が増える場合があります。

特に、ミノキシジルタブレットを服用して以前と比べて体毛が増えたと感じる男性が多く、これは副作用の一種です。

個人差があるので服用者全員の体毛が濃くなるわけではありませんが、以下のような意見が飛び交っております。

・胸毛やすね毛が増えた
・ギャランドゥが濃くなった
・指に生えている毛が濃くなった

恐らく、これはAGA治療薬のミノキシジルに血管拡張作用があるからで、頭皮以外の体毛の発毛も促されたことが大きな原因です。

もし、ジェンヘアーやロゲイン、リアップなどのミノキシジルが含まれた育毛剤を使っているのならば、当然のように塗布した部位のみ影響が及びます。

頭皮から吸収された成分が血液を通って全身に行き渡り、体毛が濃くなる現象も考えられますが、可能性としてはかなり低いのではないでしょうか。

その点、ミノキシジルタブレットは塗布タイプではなく服用タイプで、有効成分のミノキシジルが全身に行き渡るので頭髪以外の体毛も濃く変化していくのです。

実際に、ミノキシジルタブレットの有名な副作用の一つが多毛症で、毛深くなるのをどうしても避けたいのならば他の方法を考えなければなりません。

それでも、体毛が濃くなるピークは服用を始めてから1ヶ月程度ですし、その後は同じような濃さが続きます。

つまり、今まで毛が薄い体質だったのにも関わらず、ミノキシジルタブレットの服用が引き金となって毛むくじゃらになる心配はないのです。

「少し体毛が濃くなったから?」「そこまで毛深さに変化がなかったから良かった」と感じている男性も多いですし、神経質になる必要はないでしょう。

仮に、体毛が濃くなったとしてもカミソリや電気シェーバーで処理すれば良い話ですし、女性ならばまだしも男性ならば多少は毛深くても気にしないはずです。

現在ではメンズ専用の脱毛エステサロンも次々と登場しており、安心して髭やすね毛などの脱毛処置を受けられるようになりました。

料金が安くなるキャンペーンを実施しているメンズエステサロンも多いので、AGA治療と併用して受けてみるのは良いかもしれません。

ただし、ミノキシジルタブレットは数多くのAGA治療薬の中でも身体に加わる負担が大きく、特に肝臓などの内臓に疾患を持っている男性には危険です。

そのため、自己判断で個人輸入で購入して治療を行うのではなく、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックの医師のアドバイスに従って薄毛対策を進めてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療のデメリット