薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと胎児

   

AGAの治療薬のプロペシアは副作用として胎児への悪影響があるので、女性は絶対に服用してはいけません。

プロペシアは男性専用の薄毛治療薬で、男児を妊娠している女性がもし服用すると、胎児の生殖器に悪影響が生じます。

これはプロペシアが酵素の5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成量を抑えるのが大きな原因です。

DHT(ジヒドロテストステロン)はAGAで悩む男性にとっての天敵で、ヘアサイクルを狂わせたり毛母細胞を攻撃したりして抜け毛の増加を促します。

男性ホルモンのテストステロンの約10倍から30倍のパワーをDHTは持っており、酵素の5αリダクターゼがDHTに変換させてしまうため、その働きを阻害できるプロペシアは有効な内服薬だと考えられているのです。

しかし、DHTは男性にとって無駄な存在ではなく、生殖器の生成に欠かせないので、妊娠中の女性がプロペシアを服用することは禁じられております。

服用だけではなく、錠剤に触れることでも皮膚から体内へと有効成分のフィナステリドが混入するかもしれないので、女性と一緒に生活している男性はプロペシアの取り扱いに細心の注意を払った方が良いでしょう。

近年では更年期の女性だけではなく若い女性も薄毛で悩まされていることが分かり、通販やドラッグストアでは育毛剤や育毛トニックなど女性用の製品は数多く登場しております。

胎児に悪影響を与えるリスクがあるのでプロペシアによる薄毛治療は絶対に行ってはいけませんし、妊娠している可能性が低いとしても一緒です。

それに、女性の薄毛は加齢現象だけではなく、ホルモンバランスの乱れや精神的なストレスなど多岐に渡り、セルフケアでは改善に結び付けられないかもしれません。

自分に適した薄毛の治療を行わなければ大きな効果は得られないので、自己判断で対処するのではなく専門クリニックへの受診がおすすめです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックではAGAで悩む男性だけではなく、女性に対しての薄毛治療も実施されております。

・頭皮環境を整えて毛髪が成長しやすい状態を作るヘッドスパ
・オリジナルのヘアールネッサンスタブレット(内服薬)
・オリジナルのヘアールネッサンススプレー(外用薬)
・女性のびまん性脱毛症に有効なパントガール(pantogar)
・FAGA(女性男性型脱毛症)や分娩後脱毛症に効果的なパントスチン
・薬剤を注入して発毛効果を高める育毛メソセラピー

上記のように、様々な薄毛治療の中から個人の症状や体質に合った方法を湘南美容外科クリニックでは提案してくれます。

一人であれこれと悩むよりも専門医の意見を取り入れながら薄毛の治療を行うのが効果的なので、一度無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療のデメリット