薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGA治療のリスク

   

AGA治療を続けていくに当たり、複数のリスクがあるので事前に心得ておかなければなりません。

治療法によって異なるので一概には説明できないものの、得られる効果が高い代わりにリスクを背負わなければならないのです。

そこで、どのようなリスクがあるのか以下では説明しているので、事前に確認しておいてください。

高額の費用を支払うリスクがある

AGA治療を続けるに当たって最大のリスクが高額の費用を支払わなければならないことです。

・薄毛の治療には保険が適用されないので100%自費で負担する
・AGAの治療は短期間では改善が難しく長期間に渡る

上記の2つの理由により、投薬治療にしても育毛メソセラピーにしても金銭的な負担が大きくなります。

プロペシアやミノキシジルに関しては基本的に一定の量を服用し続けなければなりませんし、育毛メソセラピーは1回につき50,000円~80,000円程度はかかるのです。

自分の髪の毛を移植する自毛植毛に関しては、本数が多ければ多いほど高くなり、100万円を軽く超えるケースもあります。

「料金のバランスが良い治療法を選びたい」「事前に設定した予算内で抑えたい」という気持ちは分かるものの、大きな効果を得たければそれなりの費用を費やさなければならないと頭に入れておくべきです。

 

副作用のリスクがある

通販で販売されている育毛剤には天然成分や植物エキスが含まれているので非常に安全性が高くなっております。

育毛サプリメントに関しても健康補助食品の一種なので、基本的に副作用のリスクはありません。

その点、プロペシアやミノキシジルは医薬品に該当し、それぞれ異なった副作用があります。

プロペシアは男性機能低下や性欲の減退、ミノキシジルは多毛症や低血圧といった副作用のリスクがあり、発症率は低くても不快な症状で悩まされる可能性は十分にあるのです。

特に、個人輸入代行業者で海外で販売されているAGAのジェネリック医薬品を購入し、服用しているとしっかりとした検査を経ていないので副作用で悩まされる確率は高くなります。

そのため、安全にAGAを治療して抜け毛や薄毛を克服したいのならば、自己判断ではなく専門クリニックを受診して医師のアドバイスを受けてください。

 

 

さて、男性が引き起こす薄毛のほとんどがAGA(男性型脱毛症)だと言われておりますが、円形脱毛症といった別の原因によって引き起こされることもあります。

そこで、AGAの発症リスクを確かめる方法として適しているのが遺伝子検査で、同時にプロペシアの中に含まれている有効成分のフィナステリドの感受性も調べられるのです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも遺伝子検査は実施されているので、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療のデメリット