薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGA治療のリバウンド

   

AGAの改善のために治療薬を服用し、途中でやめるとダイエットのようにリバウンドするのではないかと考えられております。

「ハゲのリバウンド」というほど嫌な言葉はなく、「元に戻ったらどうしよう」「せっかくフサフサの状態を手に入れたのに・・・」と考える男性は多いはずです。

リバウンドが引き起こされやすいAGA治療がプロペシアやミノキシジルタブレットで、使用を中止した時に起こります。

しかし、AGA治療に関してはダイエットの際のリバウンドとは少々異なり、服用している間しか効果が得られないのが大きな原因です。

<プロペシアのメカニズム>
①プロペシアを1日に1錠に渡って服用する
②フィナステリドが酵素の5αリダクターゼを阻害する
③テストステロンが酵素の影響で脱毛を引き起こすDHTに変わらずに済む
④DHTの産生量が減少することで抜け毛が減って薄毛の進行がストップする
⑤プロペシアの服用をやめると5αリダクターゼを抑えられない
⑥時間をかけてDHTの量が増加して以前の状態に戻る
⑦抜け毛を抑えられなくなってAGAの症状が進行していく

<ミノキシジルタブレットのメカニズム>
①5mgや10mgのミノキシジルタブレットを1日に1錠服用する
②頭皮の血管が拡張させて血行不良が改善される
③髪の毛に酸素や栄養素が行き渡って成長が進む
④長期間に渡って服用すれば高い発毛効果が得られる
⑤ミノキシジルタブレットの服用をやめれば発毛効果は得られない
⑥AGA自体を完治させることはできないので以前の状態に戻る

上記のように、プロペシアでもミノキシジルタブレットでも、AGAの治療薬は基本的に飲み続けている間しか効果を得られないのです。

つまり、リバウンドによって以前よりも抜け毛や薄毛の症状が悪化するわけではなく、以前と同じ状態に戻ったと考えられます。

AGAの治療薬は常に使い続けなければならず、期間が長くなればなるほど費用の負担も大きくなるため、途中で諦めてしまう男性が多いのではないでしょうか。

とは言え、何も処置を行わなければ確実にAGAは進行し、抜け毛の本数は増えて頭頂部の脱毛や生え際の後退は酷くなっていきます。

そこで、「AGAの治療薬を飲み続けるのは辛い」と考えている男性は、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックで自毛植毛を受けるべきです。

一度手術を受ければメンテナンスの必要なく、薄毛を完全に克服できる画期的な手術なので、まずはアイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療のデメリット