薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGA治療の危険性

   

「AGA治療の危険性はどのくらいなの?」という疑問を抱えている男性はいらっしゃいます。

確かに、どんなに抜け毛の抑制や薄毛の改善といった高い効果を得られたとしても、危険性の高い方法は選択したくないと考えるはずです。

しかし、現代ではAGAによる薄毛で悩む男性が安心して治療に取り組めるように、日本皮膚科学会ではAGA診療ガイドラインを2010年に発表しました。

このAGA診療ガイドラインで推奨されている治療法を続ければ危険性は低いですし、副作用や後遺症のリスクなく理想のヘアスタイルを手に入れられます。

プロペシア(Aランク):脱毛を引き起こす原因物質のDHTを抑えられる
ミノキシジル(Aランク):血管拡張を促して発毛効果を高められる
自毛植毛(Bランク):AGAの影響を受けにくい後頭部の髪の毛を移植する手術

最も高い評価を受けているのが上記の3つで、医療機関を受診して治療を受ければ危険性は特にありません。

既に多くの男性がAGAによる薄毛を克服するために取り入れておりますし、自己判断で海外の医薬品を購入して治療するよりも遥かに安全です。

近年ではインターネット通販で海外で販売されているジェネリック医薬品を個人輸入代行業者から購入できるようになりました。

正規品と比較して半分以下の価格で購入できますし、費用の負担を抑えられるのがメリットです。

しかし、服用する医薬品が本当に自分の体質に合っているのか素人では判断できませんし、偽物や粗悪品を掴まされる危険性もあるので、専門の医療機関を受診して医師の指示に従ってAGA治療を進めた方が良いでしょう。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは上記の全ての薄毛治療が取り入れられているので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、以前まで実施されていた人工毛植毛は危険性の高い薄毛治療なので注意が必要です。

自分の髪の毛を移植する自毛植毛とは大きく異なり、人工的に作られた髪の毛を頭皮へと植え付けて薄毛を改善していきます。

・見た目が本物そっくりで自分の髪の毛のような自然な仕上がりが得られる
・ボリューム感を出して好みのヘアスタイルを入手できる
・短時間でスピーディーに増毛できる
・大きな費用を負担すれば何本でも頭皮の髪の毛を増やせる

上記のようなメリットを得られるということで、人工毛植毛は注目を集めました。

しかし、頭皮にとって異物を植え込むことで拒絶反応が引き起こされ、炎症や化膿に繋がりやすいので日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインではDランクという最低の評価を得ております。

今現在でも危険性の高い人工毛植毛を行っているクリニックはあるので、十分に注意してください。

 - AGA治療のデメリット