薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGA治療による不妊のリスク

      2018/04/24

AGA治療による不妊のリスクはあるの?

男性不妊による症状を幾つか挙げてみた

AGAの治療を行っていると不妊になりやすいという噂が飛び交っていて、これから子作りを考えている男性にとっては不安要素の一つです。

AGAの治療で不妊に繋がると言われているのは、恐らくプロペシアが男性機能に関する副作用を引き起こすことが多いからだと考えられます。

プロペシアはAGAの元凶となるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を防ぐ効果がありますので、今や世界的に有名な薄毛治療薬となりました。

効果と安全性の両方が確立されていて厚生労働省やアメリカ食品医薬局からも認可されているものの、次のような副作用が報告されています。

  • ED(勃起不全)
  • 精子数の減少
  • 性欲減退
  • 肝機能障害
  • うつ症状

上記のような副作用に尾ひれがつき、「AGA治療を行うと不妊に陥る」という噂が広まりました。

「AGAの治療を行うと男性不妊の原因に繋がる・・・」と聞くと不安になりますが、プロペシアによる服用で全ての男性が不妊に陥るわけではありません。

性欲減退や勃起不全といった副作用の発症率は1.8%程度と非常に低いことが臨床試験で証明されていますし、プラセボ群でも副作用を訴えている男性はいます。

偽薬のプラセボで副作用が引き起こされることは100%ないため、「大事な部分の元気がなくなってきた・・・」「性欲がなくなった気がする・・・」と感じるのは気持ちや精神面による影響が強いですね。

仮に不妊に陥ったとしてもバイアグラなどの医薬品を服用すれば子作りには悪影響は及びませんし、AGAによる抜け毛や薄毛を治療したいという強い思いがあるのならばプロペシアを続けるべきです。

確かに、個人輸入代行サイトで海外のAGA治療薬を購入して服用する方法には、次のリスクがありますので注意しないといけません。

  • 本物のプロペシアではなく偽物や粗悪品が届けられる
  • コーディング剤の中に身体に良くない成分が入っている
  • 何か副作用が引き起こされても全て自己責任となる

一方でAGAの治療を行う病院やクリニックでプロペシアを処方してもらえば安全性は非常に高く、男性不妊の症状に怯えることなく抜け毛や薄毛のコンプレックスを解消できますよ。

それに、AGA専門クリニックではプロペシア以外にもミノタブや育毛メソセラピーなど豊富な選択肢の中から自分に合う治療を受けられますので、以下のサイトをチェックしておきましょう。

 

【東京版】AGA治療におすすめの病院24選&口コミまとめ

 

このサイトでは東京都近辺に医院を構えているおすすめの病院を24院紹介していますので、AGA治療を考えている男性は選び方の参考にしてみてください。

 

男性不妊による症状を幾つか挙げてみた

不妊とは生理的な要因で妊娠できない状態を指し、「女性に原因が潜んでいる」とイメージしている方は少なくありません。

以前は日本の慣習から「不妊は女性側の問題」と捉えられてきましたが、現代では男性にも原因が潜んでいることが分かりました。

男性不妊が引き金で赤ちゃんを授かることができないカップルも意外と多く、幾つかの症状を挙げてみました。

  • 精液の中に精子を確認できない「無精子症」
  • 精子の数が一般値よりも少ない「乏精子症」
  • 活発に前進する精子が少ない「精子無力症」
  • 性交時に十分に勃起できない「勃起不全(ED)」
  • 射精感があっても実際には精液が出ない「無精液症」

精子を作る機能に何かしらの異常が生じ、男性不妊に陥って子作りに支障が出るのです。

どのような状態にしても自然と解消されるような病気ではないので、子作りの努力をしているのにも関わらず女性が妊娠できないのであれば、男性も病院やクリニックを受診すべきですね。

アメリカで発表された論文によると、AGA治療薬のプロペシアの服用前と服用後で精子の濃度が10倍以上も違ったというデータが出ていました。

病院やクリニックでプロペシアを処方してもらっていれば安全性は高いものの、どうしても不安な男性は不妊のリスクを回避するためにも、子作り期間中は一度AGAの治療をやめるのも選択肢の一つです。

 - AGA治療のデメリット