薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGA治療の副作用

   

AGA治療を行っていくに当たり、副作用のリスクがあると心得ておかなければなりません。

市販されている育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントの使用ならば副作用は引き起こされないはずです。

しかし、医薬品を使って薄毛治療を行うのならば、少なからず副作用のリスクがあります。

これはAGAの治療で使われる医薬品だけではなく、ドラッグストアで販売されている頭痛薬や風邪薬にも該当する話なので絶対に防ぐことはできないのです。

そこで、以下ではAGA治療の方法によってどのような副作用が引き起こされるのか説明しているので、服用し始める前に一度チェックしておいてください。

 

<プロペシアの副作用>
・男性機能の低下
・性欲の減退
・勃起機能の減退
・精子量の低下
・肝機能障害
・胃部の不快感
・抗うつ症状
・過敏症

<ミノキシジルの副作用>
・頭皮の痒みや炎症
・血圧低下による不快な症状
・眠気
・倦怠感
・むくみ
・ニキビや肌荒れ
・不整脈

<自毛植毛の副作用>
・移植部位の痛み
・ドナー採取部位の出血
・頭皮の痺れ
・まぶたの腫れ
・ニキビや吹き出物
・ショックロス

 

上記のように、AGAの治療法によって副作用の種類は異なり、不快な症状が引き起こされる可能性もあると心得ておくべきです。

育毛シャンプーや育毛サプリメントよりも高い効果が得られる代わりに、副作用のリスクを背負わなければなりません。

もし、どうしても副作用が怖いのならば、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックの育毛メソセラピーをおすすめします。

発毛に欠かせない成長因子などを頭皮へと直接注入する薄毛治療が育毛メソセラピーで、短期間で効果が出るだけではなく副作用のリスクが皆無という大きな特徴があるのです。

他のどんな治療法よりも安全にAGAによる薄毛を克服できるので、詳細は湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングで伺ってみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、「副作用が引き起こされるかも」と聞くと、AGA治療を戸惑ってしまう男性が多いかもしれません。

しかし、プロペシアにしてもミノキシジルにしても副作用の発症率は低くなっており、用法と用量さえ守っていれば安全なのです。

最も代表的な治療薬のプロペシアに関しては、精子減少や男性機能の低下といった副作用の発症率は1.8%とデータが出ております。

この中には、1日に1錠という用量を守らずに自分勝手な判断で量を増やしてしまった男性も含まれるはずです。

つまり、正しい飲み方を心掛けていれば不快な症状が引き起こされる確率を下げられますし、危険性の高い医薬品が日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクという高い評価は絶対に得ないでしょう。

「偽物の心配がある」「偽造品の恐れがある」という個人輸入を利用するのではなく、専門の医療機関で処方してもらえば安全ですし、医師からのアドバイスを参考にできるので上記でご紹介した湘南美容外科クリニックを訪れてみてください。

 - AGA治療のデメリット