薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAは通院が必要なの?

   

AGAの治療をクリニックで行う場合、基本的に1ヶ月に1回のペースで通院する必要があります。

もちろん、初診で複数の検査を受けなければならないのならば、多少は通院間隔や日程が前後するかもしれません。

しかし、どんな治療でもAGAの対策は長期間に渡って行わなければならず、1週間や2週間といった短い期間で劇的な回復を目指すのは少々困難です。

プロペシアやミノキシジルを使った投薬治療の場合、1年分や2年分の薬をまとめて処方してもらうことはできず、定期的な通院が必要なのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

お仕事の都合で1ヶ月に1回のペースの通院が困難な患者さんには、2ヶ月分の医薬品を処方してくれるクリニックもあります。

とは言え、定期健診には長い時間を費やすことはありませんし、数十分程度で済む場合もあるので通院が困難なほど忙しい男性は少ないはずです。

どちらにしても、AGAの治療法は投薬だけではなく育毛メソセラピーや自毛植毛など様々ですし、通院の間隔も含めてクリニックの医師と話し合う形となります。

最初の1ヶ月や2ヶ月は変化が得られなくても、AGA治療を続けているうちに少しずつ効果が実感でき、以前の画像と比較して見違えたという男性は多いはずです。

薄毛治療には根気が大事だと言われているので、まずは自分に合った方法を探すためにも当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、専門クリニックや皮膚科でAGAの治療薬を処方してもらい、通院しなければならないのは治療効果を確認する診察を行うからです。

最も代表的なAGAの治療薬のプロペシアは効果が非常に高く、数々の臨床試験でも証明されました。

長期間に渡る服用で発毛と現状維持を合わせると98%以上の男性に効果があり、日本の厚生労働省だけではなくアメリカのFDAからも認可されているのです。

そんなプロペシアでも100%の男性に効果が得られるわけではなく、個人の体質によっては効かないこともあります。

効果が得られないのに服用し続けても意味がなく、他のAGA治療も考慮しなければならないため、定期的にクリニックへと通院しなければならないのです。

どのAGA専門クリニックでも患者さんの要望や希望に合わせた通院スケジュールを組んでくれますし、通いやすい場所を選べば通院は苦ではありません。

「近くに信頼できるAGA専門クリニックがない」という場合、個人輸入代行業者でAGA治療薬を購入するのは選択肢の一つです。

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう