薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

照射でAGAを治療しよう

   

AGAの治療と聞くと内服薬のプロペシアの服用や、外用薬のミノキシジルの使用が代表的で、薄毛の改善のために既に取り組んでいる男性は多いはずです。

しかし、新たなAGAによる薄毛のアプローチとして、レーザーの照射が育毛に効果的なのではないかと噂されるようになりました。

レーザーを薄毛部分に照射することで血行促進を促し、毛母細胞を活性化させて元気の良い髪の毛を育てられるという方法で、FDA(アメリカ食品医薬品局)にも認められております。

恐らく、内服薬や外用薬の使用とは違ってレーザーの照射には副作用がなく、安全に抜け毛や薄毛の対策に繋げられるからこそ医薬品の認可に厳しいFDA(アメリカ食品医薬品局)からも高い評価を得ているのかもしれません。

実際に、岡山にクリニックを構える河田外科形成外科では、レーザーを頭皮へと照射するLED治療が取り入れられております。

640nm前後の波長のLEDを頭皮へと照射し、髪の毛を作っている毛母細胞を活性化させて直接的な発毛効果を得られるのです。

大阪大学で実施されたラットを使った実験では、照射の日数が長くなればなるほど徐々に発毛効果が得られることが分かりました。

もちろん、頭皮や毛乳頭の状態によって発毛効果は異なるものの、日常生活に支障なくAGAの治療を施せるところが大きなメリットなのです。

また、河田外科形成外科のような医療機関ではなく、自宅でレーザーを照射してAGAやびまん性脱毛症による薄毛を改善できるヘアーマックスというマシンが登場しております。

医療機関で専門医の指示に従ってレーザー治療を受けた方が効果は高いものの、以下のようなデメリットがあるのです。

・1回の照射でかかる費用が大きいので金銭的な負担が加わる
・1回で効果は得られないので複数回に渡って通院しなければならない
・定期的に予約して医療機関へと通わなければならない

その点、ヘアーマックスのような家庭用のレーザー器ならば、本体を購入するだけで好きな時に照射して薄毛の治療ができるのです。

FDAから認可されているマシンがヘアーマックスで、「Pro12」「Lux9」「Adv7」と3種類が用意されており、値段が高い製品ほど照射時間が短くて済みます。

「どのように使えば良いのか分からない」「どのような変化が得られるのか分からない」という人のために、30日間の返金保証が付いているので安心なのではないでしょうか。

アレルギー反応が引き起こされるような心配はなく、プロペシアやミノキシジルといった医薬品と併用すれば更にAGAの治療効果は増すはずです。

どれか1種類の方法でAGAを治療すれば良いわけではなく、ありとあらゆる視点からの対策がAGAには欠かせないので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで医薬品を処方してもらい、通販でヘアーマックスを購入してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう