薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの診断

   

AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気ということで、年齢を重ねるにつれて頭頂部の薄毛や生え際の後退といった症状が進んでいきます。

そのため、「自分はAGAを発症しているのではないか?」「以前と比べて髪の毛の量が減ってきた」と感じている男性は、早めに専門クリニックへと行って診断してもらうべきです。

現在では専門クリニックへと足を運ぶことにより、簡単にAGAを発症しているかどうか調べられるようになりました。

そこで、どのような流れで診断していくのか以下では説明しているので、一度確認しておきましょう。

①信頼できる医師やクリニックを探して受診する
②円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの他の薄毛の可能性がないかどうか除外診断を行う
③他の脱毛症の可能性が薄いことが分かったら触診でAGAの特徴に該当しているか診断する
④血液検査を行って治療薬が身体に悪影響を与えないか調べる
⑤プロペシアやミノキシジルなどの治療薬の処方を個人の体質に合わせて行う
⑥場合によってはクリニックで独自に作られたオリジナルタブレットを処方する
⑦患者さんの希望に応じて育毛メソセラピーや自毛植毛も考慮する

一般的な病院はAGA専門クリニックと比較すると、診察料や医薬品の処方料金が安くなっております。

しかし、AGAかどうか確実に診断できるわけではありませんし、知識を持った医師が在籍しているとは限りません。

その点、専門クリニックならばAGAの知識を持った専門医による治療が受けられるので、一般病院を受診するよりも確実に薄毛の改善へと結び付けられるはずです。

また、「AGAを発症しているかどうか」「将来AGAになるリスクがあるかどうか」といった点を正確に診断して欲しいのならば、遺伝子検査が適しております。

遺伝子検査は遺伝子解析とも呼ばれており、口内の粘膜を採取するだけで遺伝子レベルでCAGリピート数やGGCリピート数を調べ、AGA発症リスクを判定できるのです。

男性ホルモンが原因のAGAを確定診断できるのが大きなメリットで、同時にプロペシアの中に含まれている有効成分のフィナステリドの感受性を判定することもできます。

数多くの方法の中でも確実にAGAかどうか診断できるのが遺伝子検査なので、不安な男性は専門クリニックで受けてみるのが良いかもしれません。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも当然のように実施されているので、まずは無料カウンセリングで医師の説明を受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう