薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

産婦人科でAGAは治療できるの?

   

産婦人科は基本的に妊娠した女性が通う病院なので、ここでAGA治療を行うことはできません。

AGAは「男性型脱毛症」のことを指しており、年齢を重ねることで抜け毛や薄毛で悩まされる男性の症状です。

そのため、AGAを治療するには皮膚科やAGA専門クリニックを訪れなければならず、産婦人科ではプロペシアやミノキシジルの処方は行われていないでしょう。

しかし、抜け毛や薄毛の症状で悩まされている妊娠中の女性ならば、産婦人科で対処することができます。

妊娠中の女性はホルモンバランスが乱れやすく、髪の毛の発育と関わっているエストロゲンの減少によって髪の毛に不快な症状が引き起こされやすいのです。

それに、若い女性でも薄毛で悩む人は近年では急増しており、下記のような原因が考えられます。

・無理なダイエットを続けて毛髪が栄養不足に陥っている
・食生活の欧米化によって血液がドロドロで頭皮に行き渡る栄養素が不足している
・パーマやヘアカラーなど間違ったヘアケアでダメージが積み重なっている
・過度のストレス状態に陥ってホルモンバランスが乱れている
・運動不足の日々が続いて血行不良が引き起こされている

上記のように、様々な要因で女性でも薄毛を引き起こしやすく、中高年の男性に限った話ではありません。

AGAを発症しやすいのは30代から40代にかけての男性ですが、女性でもびまん性脱毛症やひこう性脱毛症によって薄毛の症状は進行しやすいのです。

特に、妊娠中の女性は顕著に症状があらわれやすいため、産婦人科の看護師に相談してみるのは選択肢の一つとなっております。

もちろん、お腹の中の赤ちゃんのことを第一に考えなければならないので、妊娠中には安易に医薬品を服用できないはずです。

それでも、ヘアケアの方法を見直したり不規則な生活を改善したりすることで健康な毛髪を維持できるようになるため、産婦人科の看護師のアドバイスを貰うのが良いのではないでしょうか。

妊娠中の女性に限らず、若い女性でも卵巣機能の低下によって抜け毛や薄毛は引き起こされやすいので、生理不順を伴うようならば婦人科を受診してみるべきです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックは産婦人科ではなく薄毛専門外来となっており、AGAで悩む男性だけではなく女性の患者さんも近年では増えております。

ヘッドスパやシャンプーによる頭皮環境の正常化に加えて、内服薬や外用薬を使った薄毛治療もここでは受けられるので、一度湘南美容外科クリニックを受診してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう