薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの治療は何科?

   

AGAを発症すると男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)による影響で抜け毛が増え、薄毛の症状が進行していくのです。

つまり、頭皮の皮膚に引き起こされる症状がAGAによる薄毛なので、「何科の病院で治療を受ければ良いの?」という質問に対しては「皮膚科」だと答えられます。

皮膚科や美容外科を受診すればAGAの治療薬のプロペシアやミノキシジルを取り扱っており、血液検査や診察を経た後に処方してくれるのです。

薬物療法がAGA治療の基本となっており、「何科の病院へと足を運べば良いのか分からない」という男性は皮膚科や内科を訪れるのが良いでしょう。

それに、必ずしもAGAが原因の薄毛ではなく、円形脱毛症や脂漏性脱毛症が引き金となっている可能性も十分にあります。

これらの治療は皮膚科で受けられるため、電話やメールなどで予約を行い、受診するのがベストなのです。

ただし、内科や皮膚科の中にはAGA治療薬のプロペシアやミノキシジルを取り扱っていないところがあるので、薬物療法を受けられるのかどうか事前に電話で確認してみた方が良いかもしれません。

AGA治療が受けられないという点を考慮すると、一般的な病院ではなくAGA専門クリニックへの受診がおすすめです。

当サイトでは患者さんから高い評判を得ている湘南美容外科クリニックをご紹介しているので、まずは無料カウンセリングをインターネット上で予約してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAによる薄毛は皮膚の病気ということで、上記でもご説明したように皮膚科でも内科でも治療を受けられます。

しかし、これらの科に在籍している医師が必ずしもAGA治療の専門家というわけではなく、中にはお薬を処方することしかできないお医者さんもいらっしゃるのです。

そのため、根本的にAGAによる薄毛を克服したいのならば、AGA治療を専門的に行っているクリニックを受診した方が良いのは間違いありません。

・患者さんに対して細やかな対応を行ってくれる
・投薬治療以外のメニューも豊富に用意されている
・AGA治療のための設備体制が整っている
・詳しい検査で患者さんの症状や体質に合った治療プランを提案してくれる
・薄毛を改善するためのアドバイスをしてくれる

上記のようなメリットがあるので、「何科を受診すれば良いのか??」という悩みを抱えている男性は、一般的な皮膚科ではなくAGA専門病院を訪れてみてください。

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう