薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAは難病なの?

   

「AGAによる抜け毛や薄毛は難病なの?」という疑問を抱えている男性は少なからずいらっしゃいます。

確かに、AGAは自然と解消するわけではなく、常に医薬品を使った治療を行わなければ根本的な改善には至らないため、難病の一種だと考えるかもしれません。

しかし、AGAは病気ではなく体質に分類されており、仮に症状が悪化して抜け毛が増えてハゲてしまったとしても、命の危険に晒されるわけではないのです。

M字型ハゲでもO字型ハゲでも健康的な生活を送れますし、老けて見られても結婚して子供を作り、幸せな家庭を築いている男性はいます。

そのため、胃ガンや肺ガンといった病気と比較すれば難病ではありませんし、日常生活に支障が出るケースはないと心得ておくべきです。

それに、現在では日本皮膚科学会が発表したAGA診療ガイドラインにより、私たちはどのようなAGA治療が有効なのか確かめることができるようになりました。

Aランク:プロペシア(男性ホルモンのDHTを抑制する効果)
Aランク:ミノキシジル(血管拡張作用によって発毛効果を得られる)
Bランク:自毛植毛(自分の髪の毛を薄毛部分に移植する手術)
C1ランク:塩化カルプロニウム(血管を拡張して血流を促進する)
C2ランク:セファランチン(血流促進の観点から薄毛を改善する)

C1ランクやC2ランクの治療法は十分な根拠がないので積極的には勧められないものの、AランクやBランクに位置している方法ならばどれも試す価値はあります。

自分の症状や体質に合った治療を受けることにより、満足のいくヘアスタイルを手に入れることはできるのです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、医学的に効果が認められた治療しか実施していないので、まずは気軽に専門医へと相談してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、何も対策を練らなければAGAの症状は次第に悪化していき、髪の毛は当然のように薄くなっていきます。

一度AGAを発症すれば自然治癒は不可能ですし、進行性の症状だからこそ難病だと言われているのかもしれません。

しかし、上記の方法で改善へと結び付けるのは決して不可能ではありませんし、40代や50代と年齢を重ねても満足のいく髪型を手に入れられた男性は多いのです。

「完治しない=症状を和らげることができない」というわけではなく、AGAの進行をストップさせるのも立派な治療なのではないでしょうか。

そのためのサポートが医療機関では行われているので、一度気軽に足を運んでみるべきです。

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう