薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAをレーザーで治療しよう

   

AGAによる薄毛治療で現在注目を集めているのが低出力レーザーで、日本でも取り扱うクリニックは以前にも増して増えました。

低出力レーザーを頭皮へと直接照射することにより、血行を促したり毛母細胞を活性化させたりという効果が得られます。

そもそも、レーザー治療は医療業界の中でも歴史が長く、周波数を調整することで歯科医療にも活用されているのです。

低周波のレーザーならば殺菌効果や組織の活性化作用が得られ、高周波のレーザーでは色素沈着の除去効果が得られます。

頭皮へと照射すれば血行促進や毛母細胞の活性化で髪の毛の成長が促されますし、同時に毛穴の殺菌効果も得られるので頭皮環境の改善に繋がることは間違いありません。

「投薬治療でなければ薄毛を改善できない」という考えは間違いで、健康的な毛髪を育てるためにはその土壌となる頭皮の環境を正常化させる必要があります。

その方法の一つが育毛レーザーの使用で、現在では医療機関ではなく自宅で気軽に使用できるヘアーマックス(Hair Max)が登場しました。

ヘアーマックス(Hair Max)の臨床試験では何と93%の増毛効果を得ており、医薬品のような副作用がないのでFDA(アメリカ食品医薬品局)からも認可されております。

プロペシア⇒男性ホルモンを抑えて抜け毛を抑制しながらAGAの進行を抑える
ミノキシジル⇒血管拡張作用によって頭皮に行き渡る栄養素を増やして発毛効果を得る

この2種類のAGA治療が現代では主流で、それはFDA(アメリカ食品医薬品局)から効果や安全性が認められているのが大きな理由なのではないでしょうか。

日本の厚生労働省に当たる機関がFDA(アメリカ食品医薬品局)で、品質管理や安全基準に関して厳しい規則や高い水準を設けております。

そんなFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可されているのが低出力レーザーのヘアーマックス(Hair Max)で、AGAの治療として使ってみる価値は大いにあることがお分かり頂けるはずです。

FDAに認可されるまで4年間という長い期間がかかったものの、世界86ヶ国以上の国で育毛効果が承認されているのも大きな特徴かもしれません。

ただし、自宅で照射できるヘアーマックス(Hair Max)のような機器はあっても、医療機関で採用されているケースは少なく、以下のような理由が考えられます。

・レーザーを開発するために巨額のコストがかかる
・レーザーの単独使用だけではAGAの改善に結び付かない
・医学的な臨床データを収集するまでに長い期間がかかる

ヘアーマックス(Hair Max)だけではなく、セラドームやiGrowといったレーザー機器が販売されているものの、あくまでもプロペシアやミノキシジルなどの投薬治療と併用することで大きな薄毛改善効果が得られるようです。

そのため、医薬品の処方や育毛メソセラピーなどの治療を取り扱っている湘南美容外科クリニックを受診し、どのようなAGA対策を練れば良いのか伺ってみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう