薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGA治療に最適な組み合わせ

   

AGA(男性型脱毛症)の治療を受けるに当たり、最適な組み合わせはプロペシアとミノキシジルとなっております。

実際に、この2つの医薬品を使用し、AGAによる薄毛を改善しようと努力している男性は多いはずです。

プロペシア⇒男性ホルモンのDHTの生成を抑えて抜け毛を予防できる
ミノキシジル⇒血管拡張作用によって直接的な発毛効果を得られる

上記のように、プロペシアとミノキシジルとでは得られる作用が異なり、組み合わせて使用することでお互いに足りない部分を補うことができます。

「AGA治療を行うにはプロペシアに含まれているフィナステリドが最適」というイメージがあるかもしれません。

確かに、その考え方は間違っておりませんが、あくまでもAGAの症状を抑えるのが目的で抜け毛や薄毛が進行している男性にとってはあまり発毛効果は期待できないのです。

プロペシアのフィナステリドに限らずアボルブのデュタステリドにも該当し、AGAの予防ケアと言うのが適しているのではないでしょうか。

そこで、塗布タイプのミノキシジルを組み合わせるのが最適で、この育毛剤ならば頭皮に栄養素を行き渡らせて大きな発毛効果を得られます。

守りの治療のプロペシアと攻めの治療のミノキシジルを組み合わせれば、抜け毛や薄毛が進行したAGAにもそれなりに効き目があるはずです。

どちらの医薬品も当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで処方されているので、まずは無料カウンセリングで薄毛の悩みを打ち明けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、プロペシアにしてもミノキシジルにしても、数々の臨床試験で確かな効果を残しております。

プロペシアに関しては国内の臨床試験で1年間に渡る服用を行ったところ、改善が58%不変が40%という結果が出ました。

「症状が変わっていないのに服用する意味があるの?」という疑問を抱える方は多いかもしれません。

しかし、AGAは進行性の病気で何もしなければ年齢を重ねるにつれて薄毛は悪化していきますし、現状維持効果が得られるだけでも非常に大きいのです。

不変だけで満足できない男性はミノキシジルを組み合わせるのが適しており、プロペシアの足りない部分を補っていれば満足のいくヘアスタイルが手に入れられます。

どちらの医薬品も日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインで高い評価を得ており、市販されている育毛剤や育毛シャンプーとは大きく異なるのではないでしょうか。

医療機関で内服薬や外用薬を処方してもらうのではなく、個人輸入でフィンペシアやカークランドなどジェネリック医薬品を併用するのも選択肢の一つです。

ただし、個人輸入代行業者の中には粗悪品や偽物を取り扱っているところがあるので、十分に注意して選んでみてください。

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう