薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと遺伝子検査

   

AGAの遺伝子検査を病院で行おう

AGAの発症リスクを正確に診断したいのならば、病院で遺伝子検査を行いましょう。

将来的にAGAを発症してハゲやすくなるかどうかを遺伝子レベルで判定できる優れもので、AGA専門クリニックならば遺伝子検査は実施されているはずです。

AGAを発症すると年齢を重ねることによってヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなって休止期が長くなり、太くてコシのあった毛髪が細くなって全体的なボリュームは低下していきます。

しかし、薄毛だからといって必ずしもAGA(男性型脱毛症)だとは限らず、円形脱毛症や脂漏性脱毛症といった他の原因かもしれません。

ハゲている場所を見ればある程度AGAかどうか判断できますが、正確に判定できるわけではないので、病院では遺伝子検査が実施されているのです。

アンドロゲン受容体のDNA(遺伝子)塩基はA(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)の4種類で、AGAの遺伝子検査ではCAGのリピート数を調べていきます。

CAGのリピート数が多い男性⇒AGAになりにくい
CAGのリピート数が少ない男性⇒AGAになりやすい

これに加えて、現在ではGGCリピート数での判定も加えてより、以前よりも正確にAGA発症リスクとフィナステリドの感受性を調べられるようになりました。

「フィナステリドが効く」「フィナステリドが効かない」といった内容が分かれば、無駄な治療に費用と時間を費やす心配はないはずです。

口腔の粘膜を採取するだけで簡単に調べられるので、必要に応じて当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで遺伝子検査を受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

AGAの遺伝子検査を専用キットで行おう

現在ではわざわざ病院へと足を運ばなくても、遺伝子検査キットが通販で販売されているので、自宅で簡単に調べられるようになりました。

専門クリニックで実施されている遺伝子検査と精度は全く変わりませんし、同じようにAGAの発症リスクとともにフィナステリドの感受性を調べられます。

①インターネット通販で遺伝子検査キットを購入する
②同意書や説明書、綿棒やIDシールなどが入っているかどうか確かめる
③袋からカルポーター(綿棒)を取り出して口を濯いだ後に粘膜を採取する
④左右両方の頬の粘膜を採取する
⑤先端部分が接触しないように10分ほど乾燥させる
⑥専用の袋の中に入れてキャップをしめて完了
⑦IDシールを忘れずに貼ってチェックシートに必要事項を入力する
⑧返信用封筒に入れて指定の宛先へと送る
⑨数週間後にAGAの診断結果が自宅へと送られてくる

検査結果に対する信頼度は医療機関でも遺伝子検査キットでも一緒なので、当サイトでご紹介している「AGAドック」を購入してみてください。
 

>>> AGAドックの詳細はこちら

 

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう