薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAのガイドライン

   

日本皮膚科学会では2010年の4月に行われた同学会総会で、AGA診療ガイドラインを発表しました。

男性型脱毛症診療ガイドラインでは、どのようなAGA治療を選択し、どのような薄毛治療を行わない方が良いのか方法別に評価がなされております。

AGAによる抜け毛や薄毛の症状が悪化し、どのような薄毛治療を行えば良いのか迷っている男性は少なくありません。

このAGA診療ガイドラインが発表される前は、効果の無い方法を無意味に続けたり、高額な費用を支払ったのにも関わらず変化が得られなかったという男性がたくさんいらっしゃいました。

しかし、AGA診療ガイドラインの発表によって医療的観点から発毛に効果があるとされる治療法が明確になったので、参考になるのは間違いないでしょう。

実際に、数多くの薄毛治療が以下のように分類されております。

Aランク:強く勧められる
Bランク:勧められる
C1ランク:考慮しても良いが、十分な根拠が無い
C2ランク:根拠が無いので勧められない
Dランク:治療法として行わないように勧められる

ミノキシジルの外用:Aランク
フィナステリドの内服(男性):Aランク
自分の髪の毛を移植する自毛植毛:Bランク
塩化カルプロニウムの外用:C1ランク
アデノシンの外用:C1ランク
t-フラバノンの外用:C1ランク
ペンタデカンの外用:C1ランク
サイトプリンの外用:C1ランク
セファランチンの外用:C2ランク
フィナステリドの内服(女性):Dランク
人工毛を移植する人工毛植毛:Dランク

上記のように、日本皮膚科学会では様々な薄毛治療をランク分けしており、AランクやBランクの方法を選んでいれば改善できる可能性は高まります。

もちろん、医師の裁量を規制して治療方針を限定するものではありませんし、あくまで参考程度に捉えておくべきです。

それでも、日本皮膚科学会は全国で1万人以上の会員を有しており、講演会などの実施で皮膚科学の進歩を目指す皮膚科のボス的な存在となっております。

そんな日本皮膚科学会が発表したAGA診療ガイドラインを参考にしてAGAの治療法を選べば、「全く効果が出ない」「副作用で悩まされた」というリスクを回避できるのではないでしょうか。

アデノシンやt-フラバノン、セファランチンといった成分は育毛剤の中に含まれており、Cランクに属していることから医学的な効果は低いと考えられます。

「使用する意味がない」とは言い切れないものの、できる限りAランクやBランクの治療を受けるべきなので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと相談してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう