薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとグロースファクター

   

AGA専門クリニックの中には、グロースファクターを用いた治療を実施しているところがあります。

グロースファクターとは人体のありとあらゆる細胞に含まれている成長因子のことを指し、毛母細胞に働きかけたり傷付いた細胞を修復したりという様々な効果が得られるのです。

AGAで悩んでいる男性でもびまん性脱毛症で悩んでいる女性でも、成長因子の不足によって毛髪の成長シグナルが停止していることが原因だと考えられております。

そこで、グロースファクター毛髪再生療法で頭皮へと成長因子を注入することにより、仮死状態の毛根を復活させて髪の毛を生やしたりヘアサイクルを改善したりできるのです。

成長因子は年齢を重ねるにつれて減少していき、不足すると薄毛やシワなど肌の老化現象の原因に繋がります。

プロペシアやミノキシジルなどの投薬治療で必ずしも毛髪を復活させられるわけではないので、これらの医薬品で効果を得られなかった男性はクリニックでグロースファクター毛髪再生療法を受けてみるべきです。

そこで、以下ではどのような成長因子を頭皮へと注入していくのか種類をご説明しているので、一度参照しておきましょう。

KGF(ケラチン細胞増殖因子):毛包の発毛環境を補正する
HGF-1(幹細胞増殖因子):休止期の毛髪を成長期へと誘導する
EGF(上皮成長因子):肌のシミや乾燥といったトラブルを改善する
IGF(インスリン様成長因子):毛母細胞の分裂を促して発毛環境を整える
VEGF(血管内皮細胞増殖因子):血流を改善して十分な栄養素を頭皮に届ける
PDGF(血小板由来成長因子):細胞の数を増やして組織を修復する
TGF(トランスフォーミング成長因子):肌の弾力を高めて抗炎症作用も得られる

どの成長因子が用いられるのかAGA専門クリニックによって異なるため、事前に医師に伺っておくのが良いかもしれません。

一口にグロースファクター毛髪再生療法と言っても、頭皮への注射や電流と一緒に通すエレクトロダーム、ダーマスタンプやダーマペンなどのダーマローラーと方法が異なります。

近年では痛みなく注入できますし、毛根を傷付けることはなく、何よりも副作用がない安全なAGA治療なのです。

「術後の痛みで我慢できないのではないか?」「倦怠感や吐き気など副作用が強いのではないか?」と不安を抱えている男性はいらっしゃるでしょう。

しかし、頭皮への負担が少ないAGA治療ですし、FDAから認可されているBENEV社が所有する薬剤を使っているクリニックが多いので安心です。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも、頭皮へとカクテルを注入するスマートメソが実施されているので、無料カウンセリングで詳しい説明を受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう