薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとCO2フラクショナルレーザー

   

AGAの治療として医療機関で取り入れられている方法の一つがCO2フラクショナルレーザーです。

どちらかと言うと、CO2フラクショナルレーザーはニキビ後や赤ら顔、毛穴の黒ずみといった治療で用いられております。

しかし、実はAGA(男性型脱毛症)にも効き目のある治療法の一つで、CO2フラクショナルレーザーによって頭皮へと極小の穴をあけ、発毛に欠かせないカクテルを流し込んでいくのです。

頭皮へと直接薬剤を注入するHARG療法を実施しているクリニックでは、このCO2フラクショナルレーザーが取り入れられております。

内服薬では頭皮だけに有効成分を与えるのは難しいですし、外用薬の使用も私たちの皮膚にはバリア機能が備わっているので奥まで届けることはできません。

その点、CO2フラクショナルレーザーによるHARG療法ならば効率良く薬剤を届けられるので、画期的なAGAの治療として採用しているクリニックが現代では増えているのです。

HARG療法によるAGA治療を行っている医療機関は多いものの、以下のようにその注入方法はクリニックによって大きく異なります。

ダーマローラー法:極微細ステンレススチール製針が付いており、頭皮に転がしながら注入する
パピュール法:オーソドックスな注入方法の一つで注射針で皮膚と真皮層に浸透させる
ナパージュ法:真皮層ではなく表皮の浅い部分に針を刺して有効成分を行き渡らせる
MEDJET(メドジェット)法:針を使わないので痛みがなく、規定量の薬剤を均一に注入できる

最もAGAの治療効果が高い方法はダーマローラー法やパピュール法かもしれません。

しかし、針を使って注入していくので痛みがありますし、身体への負担は少々大きくなっております。

その点、CO2フラクショナルレーザーならば以下のようなメリットが得られるのです。

・目に見えない穴を無数に作って表面を再生させられるので抜け毛の抑制効果だけではなく、肌の引き締め効果も同時に得られる
・針を使った方法ではないので施術中に痛みを感じることはない
・周辺組織への熱損傷が皆無なのでダウンタイムが非常に短い
・個人の症状や体質に合わせてHARGカクテルの注入深度をコントロールできる
・治療時間が短くて済むので患者さんへの負担が軽減される

敏感肌かどうかで多少は異なるものの、CO2フラクショナルレーザーの肌や身体への負担が少ないのは紛れもない事実です。

もちろん、他の方式でも激痛で我慢できないほどではないので、詳細は専門医に伺ってみるのが良いのではないでしょうか。

HARG治療センターではこのAGA治療が実施されているので、投薬治療で効果が得られなかった人は一度受けてみてください。
 

>>> HARG治療センターの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう