薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAを注射で治療しよう

   

内服薬や外用薬といった投薬治療でAGAによる薄毛を改善できない男性は、注射による治療を取り入れてみるのが良いかもしれません。

AGA専門クリニックによっては注射治療を以下のような名称で呼んでおります。

・AGAメソセラピー
・育毛メソセラピー
・HARG療法
・幹細胞注入療法
・毛髪再生療法

血管拡張作用が得られるミノキシジルや血行促進を図る成長因子などを頭皮へと注射し、育毛や発毛を直接的に促せるのがこれらの薄毛治療の大きな特徴です。

クリニックによって使用するカクテルは大きく異なり、一口に成長因子と言っても以下のように様々な種類があります。

・線維芽細胞成長因子(FGF)
・インスリン様成長因子(IGF)
・血小板由来成長因子(PDGF)
・ケラチノサイト成長因子(KGF)
・ヒト塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)
・チモシンβ4成長因子(Thymosin-β4)

種類によって得られる効果は異なるものの、髪の毛や肌と大きくかかわっているのは間違いありません。

これらの成長因子に加えてビタミンやアミノ酸、ミノキシジルといった薬剤を混ぜてカクテルを作り、注射で頭皮へと直接注入していきます。

内服薬を服用するだけでは頭皮だけに焦点を当てて成分を行き渡らせることはできませんし、外用薬として塗布しているだけでは深部まで浸透しないのです。

その点、注射によるAGA治療は確実に皮膚の奥深くまで有効成分を届け、抜け毛や薄毛を改善できるという大きなメリットがあります。

注射治療と聞くと、「痛いのではないか?」という不安を抱くかもしれませんが、現在では患者さんの身体に加わる負担を減らすためにノーニードル法が取り入れられました。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも育毛メソセラピーが実施されており、チクっとした痛みを感じる程度で発毛効果が得られるので、まずは無料カウンセリングで説明を受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAによる薄毛を治療するために、専門の医療機関でプラセンタ注射を受けている男性はいらっしゃいます。

プラセンタ注射と聞くと、「更年期障害の治療」「シミやくすみの除去」「アレルギー疾患の改善」「関節痛や筋肉痛の改善」といった効果を頭でイメージする人が多いかもしれません。

男性が受ける治療というよりも、美容のために女性が受けるというイメージがあり、まさにその通りです。

しかし、哺乳類が持っている胎盤抽出物のプラセンタエキスは幅広い作用を持っており、頭皮へと注射することで頭皮と毛根の健康なリズムを取り戻すためのサポートを行ってくれます。

美容成分として名高いプラセンタエキスは抜け毛や薄毛の改善にも繋がるので、AGAの治療として活用するのは選択肢の一つです。

頭皮へのプラセンタ注射を行っている美容皮膚科は限られているので、公式サイトで確認してみてください。

 - AGA治療を病院や皮膚科で行おう