薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

前頭部のAGA

   

AGA(男性型脱毛症)には幾つかの進行パターンがあり、その一つが前頭部の薄毛となっております。

「前頭部の髪の毛が薄くなってきた」「生え際が後退してきた」「おでこの幅が広がってきた」という症状は、間違いなくAGAが進行していると覚悟しておいた方が良いかもしれません。

前頭部のAGAに限った話ではありませんが、男性ホルモンと非常に深く関わっております。

前頭部には5αリダクターゼと呼ばれる酵素が多く存在しており、毛乳頭でテストステロンと結合することで脱毛の原因物質のDHTが産生され、抜け毛や薄毛といった症状が加速していくのです。

後頭部や側頭部といった場所は活性型男性ホルモンのDHTの影響を受けにくく、年齢を重ねてもフサフサの状態を維持できます。

その点、前頭部はDHTの影響を受けやすい部位の一つなので、前髪がどんどん細くなって生え際が後退し、最終的には頭頂部まで至るのです。

また、DHTによる影響だけではなく、以下のような原因も前頭部の薄毛と深く関わっております。

・頭のてっぺんよりも血流が悪いので血行不良が引き起こされやすい
・食生活の乱れによって栄養素が毛母細胞に行き渡っていない
・精神的なストレスによって血行不良に拍車が掛かっている
・喫煙によって血管が収縮して髪の毛に栄養素が行き渡りにくくなっている

上記のように様々な要因が絡み合い、前頭部の薄毛が進行していると心得ておいた方が良いでしょう。

もちろん、AGAの治療において最も大事なのはヘアサイクルを狂わせて抜け毛の量を増やすDHTの抑制なので、その効果が期待できるプロペシアの服用が適しております。

「禁煙にチャレンジする」「頭皮マッサージを行う」「ストレスを発散する」というお金をかけずに行える対策では、劇的に回復するのは難しいかもしれません。

その点、プロペシアは酵素の働きを抑えてDHTの産生量を減らすというAGAのメカニズムに焦点を当てた内服薬なので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで処方してもらってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、前頭部はただでさえ血行不良が生じやすい部位なので、プロペシアだけではなくミノキシジルの併用も効果的です。

ミノキシジルは血管拡張作用を持ち合わせており、血流をアップさせて直接的な発毛効果を得られるのが大きな特徴となっております。

塗布タイプのロゲインと内服タイプのミノキシジルタブレットの2種類の治療薬に分けられ、プロペシアと併用すれば改善しにくい前頭部の薄毛でも毛髪を復活させられるかもしれません。

「AGAによる薄毛は○○○○を行えば良い」とは特に決められていないため、色々な方法を試して自分に合った治療を探すのが大事なのです。

どのような方法でも根気良く治療しなければならない点では一緒なので、モチベーションを上げるような工夫も行ってください。

 - AGAの部位