薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと全スカ

   

頭皮全体の髪の毛が薄くなって地肌が見えている状態を全スカと呼び、悩まされている男性は数多くいらっしゃいます。

AGAの症状が進行すると全スカに陥りやすく、これは年齢を重ねることによって悪化する進行性の病気なのが大きな理由です。

放置して自然とAGAが解消されることは100%なく、ゆっくりと抜け毛の本数は増えて薄毛の症状は悪化していきます。

「自分は全スカだから手の施しようがない」と諦める男性は多いかもしれません。

しかし、AGAの治療において手遅れは特にありませんし、根気良く対策を練れば髪の毛を復活させられますし、最悪でも薄毛の進行をストップさせられるはずです。

若い頃の髪型を取り戻したいという気持ちは分かりますが、今の頭皮に生えている髪の毛を減らさずに少しでも残すような対策も重要なのではないでしょうか。

とは言え、全スカの男性はプロペシアやミノキシジルなどの投薬治療では回復は難しいかもしれないので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックの育毛メソセラピーをおすすめします。

育毛メソセラピーは発毛に欠かせない成長因子を頭皮へと直接注入する治療で、毛母細胞を活性化させて発毛を促せるのです。

毛髪が成長するためには毛母細胞が絶えず分裂を続けなければならないので、全スカの男性は湘南美容外科クリニックで画期的な育毛メソセラピーを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、全スカは必ずしもAGAが原因というわけではなく、他の要因も十分に考えられます。

実際に、2chでは「全スカはAGA(男性型脱毛症)とは違って原因不明であることが多いし、対応できる薬品が存在しない」と記載されておりました。

恐らく、原因不明というよりも、全スカの原因が多岐に渡りすぎていて特定できないと考えるのがナチュラルかもしれません。

男性だけではなく女性も全スカの症状で悩まされるケースがあり、以下のような要因が挙げられます。

・頭皮の毛根の数が生まれつき少ない
・ストレスや喫煙によって血行不良が引き起こされている
・皮膚の角質層に白癬菌(はくせんきん)が寄生して皮膚の病気が引き起こされている
・肝臓の機能が低下して髪の毛に欠かせないタンパク質の量が減っている
・パソコンやスマホの使いすぎで眼精疲労を患って頭部の血流が悪化している

男性ホルモンが引き金となって引き起こされるAGAに加えて、上記のような要因で全スカの症状は悪化していくはずです。

症状の進行はゆっくりなので気付きにくいかもしれませんが、不規則な生活は特に薄毛の原因となるので、健康体の維持のためにもきちんと改善してください。

 - AGAの部位