薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

U字型のAGA

   

AGAの進行パターンのうち、東洋人に最も多いと言われているのがU字型の薄毛で、額の中央部分から薄毛が進行してアルファベットの「U」をひっくり返した状態のことを指します。

AGAの進行によって最終的に後頭部と側頭部の髪の毛しか残らないため、A字型ハゲとも呼ばれているのです。

U字型ハゲに関わらず、頭頂部から進行するO字型ハゲや前頭部から進行するM字型ハゲにも同じことが言えますが、根本的な原因はAGAだと考えて良いでしょう。

自己免疫疾患による円形脱毛症や過剰な皮脂分泌によって引き起こされる脂漏性脱毛症では、このような禿げ方はしません。

ヘアサイクルを狂わせたり毛母細胞の働きを弱めたりという作用を持ったDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されることでAGAは発症し、U字型やM字型、O字型など個人によって異なるパターンで薄毛が進行していきます。

DHTが毛根にあるアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と結合し、髪の毛が抜けやすくなるというメカニズムです。

つまり、育毛シャンプーや育毛サプリメントを使っていても、このDHTを対策しなければ根本的なAGAの治療には繋がりません。

そこで、AGA専門クリニックによる治療が適しており、近年では医療機関の数も増えたことで受診する男性の数は著しく増えました。

DHTを抑えられる内服薬のプロペシアや、発毛に欠かせない成分を頭皮へと直接注入する育毛メソセラピーといった治療が専門クリニックでは受けられるのです。

当サイトでは豊富な症例数を誇っている湘南美容外科クリニックをご紹介しているので、U字型のハゲで悩んでいる男性は一度無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、U字型ハゲが引き起こされる前頭部は、「皮脂が分泌されやすい」「頭皮が硬くなりやすい」という特徴があります。

つまり、皮脂の分泌によって頭皮環境が乱れやすく、頭皮が硬くなることで血行不良が生じやすいのです。

抜け毛や薄毛が進行しやすい条件が揃っており、放置していれば確実に症状が進行するのがAGAの厄介なところかもしれません。

前頭部全体が後退した後に頭頂部に薄毛は広がり、上記でもご説明したように側頭部と後頭部にしか髪の毛が残らなくなります。

このような状態では老けて見られるのは当然ですし、AGAによる薄毛は自然と解消するような症状ではないため、専門クリニックでの治療が大事なのはお分かり頂けるはずです。

医薬品を使った治療はもちろんのこと、血行不良を改善するために頭皮マッサージを行ったり禁煙にチャレンジしたりと、生活習慣の見直しも同時に行って理想の髪型を手に入れられるように努力してみてください。

 - AGAの部位