薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

頭頂部・つむじのAGA

   

つむじ部分の頭頂部辺りから抜け毛や薄毛の症状が進行しているのならば、AGA(男性型脱毛症)だと考えられます。

AGAの進行パターンはハミルトン・ノーウッド分類によって複数に分けられており、その一つが頭頂部やつむじの薄毛なのです。

Ⅱ型の還元酵素の5αリダクターゼは頭頂部にも存在しており、男性ホルモンのテストステロンと結び付いてDHT(ジヒドロテストステロン)が産生され、以下のように個人によって様々な症状が引き起こされます。

・つむじ付近のボリュームがなくなって地肌が透けている
・頭頂部から前頭部にかけて広範囲に渡って薄毛が進行している
・フロントから頭頂部にかけて全体的に薄くなっている
・頭のてっぺんが薄くなって地肌が広い面積に渡って見えている

どのような状態に陥るのか、AGA専門クリニックの症例画像などを確認してみるのが最も手っ取り早いかもしれません。

頭頂部やつむじといった部位に限った話ではありませんが、DHTが毛乳頭のアンドロゲンレセプター(ホルモンを感知する器官)に反応することで、ヘアサイクルが乱れて成長期が短くなったり毛母細胞の分裂が止まったりという状態に陥るのです。

つまり、このDHTを何とかするのがAGAによる薄毛の効果的な改善方法で、専門クリニックや一般病院ではプロペシアが処方されております。

DHTの生成を抑えて毛髪を太く濃く育てるためのサポートをしてくれるのがプロペシアで、異常な脱毛が生じない普通の状態へと戻してくれるのです。

もし、毛根が寿命を迎えていると、どんな治療を行っても髪の毛を復活させるのは難しいので、頭頂部やつむじの薄毛に気付いた段階でAGA専門クリニックへと足を運んで治療を受けてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、頭頂部の薄毛はDHTを抑えるプロペシアだけではなく、血管拡張作用を持ったミノキシジルを含む育毛剤の使用も効果的だと考えられております。

むしろ、現在のAGA治療の傾向としては、「生え際の薄毛はプロペシア」「頭頂部の薄毛はミノキシジル」という方法が主流なのです。

しかし、これらの治療が全て正しいわけではなく、AGAの進行具合によって対策を変えなければなりません。

軽度の症状ならばどちらか一つの治療を選択すれば改善に繋がるかもしれませんが、薄毛の症状が進行しているならば両方を併用した方が良いのです。

また、AGA専門クリニックでは頭皮へと発毛に必要な薬剤を注入する育毛メソセラピーや、自分の髪の毛を移植する自毛植毛といった専門的な治療も実施されているので、医師と相談して決めてください。

 - AGAの部位