薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと剃り込み

   

AGAの典型的な症状がM字型ハゲで、年齢を重ねることによって生え際の剃り込みが激しくなっていきます。

剃り込みが激しくなる原因は活性型男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)で、この物質が毛母細胞にダメージを与えてヘアサイクルの成長期を短くするため、抜け毛や薄毛が進行していくのです。

AGAを発症した日本人の男性の場合、多くは頭頂部から薄毛が進行するO字型ハゲで悩まされやすく、生え際のM字型ハゲは欧米人に多くなっております。

しかし、AGAの進行パターンは個人によって大きく異なり、剃り込みハゲが加齢とともに酷くなる日本人は決して少なくありません。

どちらにしても、頭頂部や前頭部から薄毛が進行しているようならばAGAの可能性が非常に高く、放置しているとどんどん症状は悪化していきます。

DHTが自然となくなることはありませんし、生きている限りは常に産生され続けるので前髪の剃り込みを防ぎたいのならば何かしらの対策を練らなければならないのです。

その方法として最も適しているのがプロペシアやフィンペシアといった内服薬で、酵素の5αリダクターゼを阻害することでDHTを作らせにくくしてくれます。

男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合することでDHTが産生されるため、プロペシアやフィンペシアの服用は理に適っているのです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、初回に限りプロペシアが1ヶ月当たり4,200円と格安の料金で処方してもらえるので、剃り込みハゲで悩んでいる男性は一度無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、前頭部は身体の至る部分の中でも血行不良に陥りやすく、薄毛の症状も改善しにくくなっております。

頭蓋骨の不自然な発達による皮膚の突っ張りや、頭部の筋肉を守っている帽状腱膜が硬くなることが大きな要因で、毛根に酸素や栄養素が行き渡りにくくなるからこそAGAによる抜け毛や薄毛が進行しやすいのです。

上記では剃り込みハゲにはプロペシアが効果的だと説明致しましたが、この内服薬の服用だけでは症状の改善に至らないかもしれません。

そこで、プロペシアの服用で変化が得られない男性には、血管拡張作用を持ち合わせたミノキシジルの併用がおすすめとなっております。

医学的に効果があると認められた育毛剤はミノキシジルで、継続した使用によって血流をアップさせ、頭皮に行き渡る栄養素や酸素の量を増やしてくれるのです。

遺伝情報を変えることはできませんが、速めに対処することで剃り込みを予防できるので、プロペシアとミノキシジルを併用してAGA治療を行ってみてください。

 - AGAの部位