薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

O字型のAGA

   

頭頂部やつむじから進行するタイプのAGAをO字型ハゲと呼んでおり、頭部のてっぺんがアルファベットの「O」の形に見えることからこのように名付けられました。

最初は全体的なボリュームが低下している程度でも、年齢を重ねることで症状が悪化するのがAGAの特徴で、カッパのようになって見た目を嘆いている男性は多いのです。

鏡を見ていても頭頂部をまじまじと確認するケースは少なく、気付いたらAGAによる薄毛が進行してO字型のハゲが引き起こされていたという状況も十分に考えられます。

日本人は前頭部から進行するM字型ハゲと、頭頂部から薄毛が進行するO字型ハゲで悩まされることが多く、活性型の男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が大きな原因です。

もちろん、O字型ハゲに限った話ではなく全てのAGAに該当しますが、どちらにしてもDHT(ジヒドロテストステロン)が関係している点では変わりありません。

男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合するとDHTが産生され、ヘアサイクルの成長期を著しく短くします。

通常の細胞分裂は2年間から6年間というサイクルですが、AGAを発症すると半年間から1年間と短くなり、太く長く成長する前に抜け落ちるので薄毛の症状が進んでいくのです。

このDHTを何とかするのがAGAの効果的な治療法なので、プロペシアの服用をおすすめします。

酵素の働きを阻害してDHTを作らせにくくしてくれる内服薬がプロペシアで、当然のようにO字型のハゲにも効果的です。

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクという高い評価を得ており、AGAの治療において欠かせない存在となりました。

しかし、O字型ハゲに加えて前頭部のM字型ハゲも同時に進行するケースは意外と多く、広範囲に渡る薄毛の場合はプロペシアだけでは大きな変化が得られないかもしれません。

そのような男性にはミノキシジルが含まれた育毛剤の使用が適しており、血管を拡張させることで直接的な発毛効果を得られます。

抜け毛を抑制する守りの治療のプロペシアと、発毛を促す攻めの治療のミノキシジルを併用すれば、O字型ハゲの進行を食い止めて理想のヘアスタイルを手に入れられるのではないでしょうか。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、どちらのAGA治療薬も処方しております。

投薬治療だけでは変化が得られないという男性のために、頭皮へと薬剤を注入するスマートメソも人気を得ているので、まずは無料カウンセリングで相談してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの部位