薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

おでこのAGA

   

AGAによって引き起こされる特有の症状が前頭部の薄毛で、生え際がだんだんと後退しておでこが広くなっていきます。

生まれつきおでこが広い男性もいらっしゃるので一概には説明できないかもしれません。

それでも、前髪が薄くなったり生え際が後退したりして、年齢を重ねるにつれておでこが広くなっているのならばAGA(男性型脱毛症)の可能性が高くなります。

おでこの生え際だけではなく、頭頂部まで薄毛が進行している男性は少なくありませんし、これは活性型男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が大きな原因です。

「テストステロンが毛乳頭に存在する」⇒「酵素の5αリダクターゼと結合する」⇒「DHTが産生される」というメカニズムでAGAを発症し、DHTにはヘアサイクルを狂わせたり毛母細胞の働きを弱めたりという働きがあります。

その結果、前髪の抜け毛が進行しておでこが広くなり、みすぼらしい姿になってしまうというわけです。

女性ならば多少はおでこが広くても可愛らしさがありますし、アップスタイルの髪型で上手く隠せるのではないでしょうか。

その点、男性の場合はおでこが広いのを好意的に見られる可能性は低いため、AGAを発症している人は早めに治療を始めなければならないのです。

そこで、DHTの生成を抑制するプロペシアや、直接的な発毛効果を得られるミノキシジルの使用をおすすめします。

2種類の医薬品の併用でAGAによる薄毛を克服できるので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで処方してもらってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、おでこを含む前頭部は頭頂部と比べて血行不良が引き起こされやすい部位となっております。

そのため、精神的なストレスを抱え込んでいたり、タバコを吸っていたりという男性は症状が悪化しやすいので注意が必要です。

AGAの直接的な原因に繋がるわけではないものの、ストレスは自律神経のバランスを崩して血行不良を引き起こしやすく、喫煙していると血液の循環が悪くなります。

血行不良に陥れば毛母細胞に栄養素や酸素が行き渡りにくくなりますし、血管拡張作用のあるミノキシジルを使っていても効果が薄れてしまうかもしれません。

そのため、AGAの治療薬だけに頼るのではなく、「ストレスを発散する」「禁煙にチャレンジする」といった生活習慣の見直しも同時に行うべきです。

AGA専門クリニックならば、医師から日常生活を送る上でのアドバイスをもらえるはずなので参考にしてみてください。

 - AGAの部位