薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

M字型のAGA

   

AGAの典型的な症状だと言われているのがM字型ハゲで、生え際からこめかみにかけて食い込むように脱毛していくのが大きな特徴となっております。

髪の毛の両サイドが後退し、中央部分の毛髪だけが残ってアルファベットの「M」の形に見えることからこのように名付けられました。

前髪で隠そうとしても、このタイプのAGAは髪の毛のスキマからおでこが見えるようになるため、逆にハゲが目立ってしまいます。

ヘアスタイルで誤魔化しがきかないので、AGAの治療を行って根本的な改善を目指さなければなりません。

M字型ハゲの大きな原因は酵素の5αリダクターゼで、前頭部から頭頂部にかけて集中して存在しております。

この酵素が毛乳頭で男性ホルモンのテストステロンと結び付き、ヘアサイクルを狂わせて抜け毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化し、AGAを発症してM字型ハゲが進行していくのです。

最初は、「ちょっと生え際が後退してきたかな」と感じる程度でも、年齢を重ねるにつれて症状が進行していくのがAGAの特徴で、左右の剃り込みが悪化していきます。

また、前頭部は血行不良が引き起こされやすく、以下のような生活習慣の乱れもM字型の薄毛の原因かもしれません。

・ストレスによって頭皮が硬化して血流が悪くなっている
・食生活の乱れで栄養バランスが悪く、毛髪の成長が阻害されている
・睡眠不足によって髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌量が不足している
・皮脂の過剰分泌によって毛穴に詰まって老廃物が排出されない状態が続いている
・喫煙習慣によって血管が収縮して血液の流れが悪くなっている

上記のように、男性ホルモンによるAGAの発症だけではなく、生活習慣の乱れが総合的に重なり合ってM字型のハゲが進行していると心得ておくべきです。

AGAを発症するかどうかは、「酵素の5αリダクターゼの量が多い」「DHTの感受性が強い」「アンドロゲンの受容体遺伝子に特徴がある」という要素が関わっております。

つまり、遺伝による影響が非常に強く、体質自体を変えることはできません。

しかし、だからといってAGAによる薄毛を改善できないわけではなく、適切な治療を根気良く行えば理想のヘアスタイルを手に入れることは十分にできます。

そこで、M字型ハゲの症状を少しでも和らげたいと考えている男性には、経口治療薬のプロペシアと育毛剤のミノキシジルの併用がおすすめです。

プロペシアの服用によって酵素の働きを抑えてDHTの産生を防げますし、ロゲインやリアップなどミノキシジルが含まれた育毛剤を塗布すれば血管拡張作用によって発毛を直接的に促せます。

もちろん、M字型ハゲを引き起こす前頭部はただでさえ血行不良で悩まされやすく、長い目で継続しなければ大きな変化を得られないと頭に入れておいた方が良いでしょう。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、AGAによる薄毛に最適な治療法が取り入れられておりますし、個人の症状に合わせた適切なアドバイスもしてくれるので一度無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの部位