薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと髭

   

胸毛や髭など体毛が濃い男性ほどAGAを発症しやすいという噂が飛び交っており、毛深い人は「将来自分は薄毛になるのか・・・」とショックを受けるかもしれません。

基本的にAGAは頭頂部や前頭部といった頭髪の抜け毛が加速し、年齢を重ねるにつれて薄毛が進行していく病気となっております。

そのため、髭とは直接的に関係しているわけではありませんが、「髭が濃い=AGAを発症しやすい」と噂が流れているのは恐らく男性ホルモンの分泌量が多いからです。

確かに、男性ホルモンのテストステロンは体毛を濃くするように働きかける作用があり、この分泌量が多ければ多いほど髭は濃くなります。

そして、AGAも男性ホルモンと密接な関係性があるからこそ、「髭が濃い=禿げやすい体質」と考えられるのです。

しかし、AGAは男性ホルモンのテストステロンが原因ではなく、酵素の5αリダクターゼによって産生されたDHT(ジヒドロテストステロン)が引き金となっております。

このDHT(ジヒドロテストステロン)が男性ホルモン受容体と結合し、毛乳頭でヘアサイクルを狂わせるので年齢を重ねることで抜け毛の本数が増えるのです。

つまり、男性ホルモンの分泌量が多く髭が濃い人でも、酵素の5αリダクターゼの量が少なかったりDHTの感受性が弱かったりすればAGAを発症することはありません。

仮に酵素の量が多くても、現在ではその働きを阻害できるAGAの画期的な治療薬のプロペシアが登場しました。

プロペシアを飲み続けることでAGAによる薄毛の根本的な対策に繋がるので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで処方してもらってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記の説明を聞けば、髭が濃くて男性ホルモンの分泌量が多い男性でも、必ずしもAGAを発症するわけではないことがお分かり頂けるはずです。

逆に、体毛がそこまで濃いわけではない男性がAGA治療を続けて、だんだんと髭が濃くなる可能性は十分にあります。

これはミノキシジルタブレットを使ってAGA治療を行った際に生じる副作用で、ミノキシジルには血管拡張作用があるのです。

リアップやロゲインといった育毛剤にはミノキシジルが含まれており、頭皮へと直接塗布することによって血流を促し、栄養素が行き渡りやすくなって発毛効果が得られます。

しかし、内服薬タイプのミノキシジルタブレットは頭皮だけではなく全身に作用するため、髭や胸毛、すね毛や指毛などありとあらゆる場所の体毛が濃くなりやすいのです。

副作用の多毛症で体毛が濃くなるのがどうしても嫌ならば、ミノキシジルタブレット以外の方法でAGAの治療を行ってください。

 - AGAの部位