薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAスキンクリニックとプロペシア

   

世界60ヶ国以上でAGAの治療薬として使われているのがプロペシアで、有効成分のフィナステリドが配合されております。

日本の厚生労働省からも認可されている内服薬で、2010年に発表された日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクの評価を得ておりました。

「AGAによる抜け毛や薄毛の治療=プロペシアの服用」と認識されているほど現代では有名で、AGAスキンクリニックでも処方されております。

一昔前の薄毛治療と聞くと育毛剤や育毛シャンプーの使用がメインで、余分な頭皮の皮脂を取り除いて発毛しやすい環境に整える方法でした。

もちろん、現代においても頭皮環境の改善は重要視されておりますが、塗布タイプの育毛剤や育毛シャンプーではAGAの根本的な要因を抑えることはできないのです。

そこで登場したのがAGAスキンクリニックでも処方されている内服薬のプロペシアで、有効成分のフィナステリドが還元酵素の5αリダクターゼの働きをブロックし、DHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されるのを防いでくれます。

DHT(ジヒドロテストステロン)がAGAの元凶と言っても過言ではなく、この物質が毛母細胞にダメージを与えてヘアサイクルの成長期を短くするため、プロペシアの服用が効果的なのはお分かり頂けるはずです。

AGAスキンクリニック以外にも様々な医療機関で処方されており、下記のようにクリニック間では価格競争が激化しております。

①最初にAGAスキンクリニックが5,500円でプロペシアを購入できると打ち出した
②格安の料金で購入できる個人輸入と変わらず、医師に処方されるという安心感がある
③次に湘南美容外科クリニックが初回に限り5,400円で入手できるキャンペーンを行う
④それを追ってAGAスキンクリニックが初回に限り4,200円という格安価格を掲示した
⑤湘南美容外科クリニックも負けじと「国内最安値に挑戦」と4,200円に設定した

上記のような競争の末、現在ではAGAスキンクリニックでも湘南美容外科クリニックでも4,200円という価格でプロペシアを入手できます。

現在では、「安い料金で海外の医薬品を入手したい」「誰にも知られずにAGA治療を開始したい」ということで、インターネット通販の個人輸入代行業者を利用してプロペシアを購入できるようになりました。

しかし、海外から通販で購入する医薬品の中には偽薬や粗悪品も混ざっており、成分量が安定していないというデメリットがあります。

厚生労働省のホームページでも、個人輸入で化粧品や医薬品を購入する際には保健衛生上の危険性(リスク)があると表記されていたのです。

その点、医療機関で処方される医薬品に関しては安全性が高いですし、AGAスキンクリニックならば個人輸入よりもプロペシアの料金が安いので危険を冒す必要がないことはお分かり頂けるかもしれません。

AGAスキンクリニックは全国の至る場所に店舗を構えており、プロペシア以外の治療も豊富に用意されているのでまずは無料カウンセリングで薄毛の悩みを打ち明けてみてください。
 

>>> AGAスキンクリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAスキンクリニック