薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAスキンクリニックの副作用

   

AGAスキンクリニックでAGAの治療を行い、副作用が引き起こされるのかどうか疑問を抱えている男性は意外と多くいらっしゃいます。

確かに、効果的な薄毛治療で満足のいくヘアスタイルが手に入れられたとしても、副作用のリスクが怖いと考えるのは決して不思議ではありません。

しかし、これはAGAスキンクリニックでの薄毛治療に関わらず、医薬品を使った場合は何かしらの副作用のリスクがあると事前に心得ておくべきです。

AGAの治療法によって、どのような副作用が引き起こされやすいのか以下をチェックしてみましょう。

プロペシア⇒「初期脱毛」「性欲減退」「男性機能の低下」「蕁麻疹」「倦怠感」
ミノキシジル(外用薬)⇒「初期脱毛」「頭皮の痒み」「頭皮の炎症」「血圧低下」
ミノキシジル(内服薬)⇒「初期脱毛」「多毛症」「むくみ」「血圧低下」
AGAメソセラピー⇒副作用はほとんど報告されていない
自毛植毛⇒「頭皮の腫れ」「頭皮の傷跡」「術後の痛みや出血」「頭皮のかさぶた」

AGAの投薬治療や手術では上記の副作用が報告されており、医薬品に関してはAGAスキンクリニックに限らずどの医療機関に処方されたとしても一緒です。

数多くの副作用の中でも初期脱毛を訴えている男性が多く、AGA治療を始めて2週間程度で抜け毛が増える現象を指します。

「抜け毛が減るどころか逆に増える」「なぜ改善に結び付かないのか?」「症状が悪化するなら治療の意味がないのではないか?」という疑問を抱える男性は多いかもしれません。

確かに、このような不安を抱えるのは当然ですが、初期脱毛は結論から言えば頭皮の状態やヘアサイクルが正常化されているサインなのです。

プロペシアにしてもミノキシジルにしても、使用を続ければ新しく元気な毛髪が皮膚内部の毛根で生まれております。

その際に、退行期や休止期に陥っていた弱い髪の毛が押し出されるような形で抜け落ちるのが初期脱毛のメカニズムで、医薬品を服用しなくてもいずれは時間の経過によって抜けていた毛髪なのです。

その毛髪が一気にまとめて抜け落ちるので怖くなるかもしれませんが、太くて元気な髪の毛が育っている指標なので、初期脱毛の副作用を恐れずにそのままAGA治療を続けた方が良いでしょう。

AGAスキンクリニックの医師に医薬品を処方される際も、初期脱毛の副作用に関する説明を受けられるはずです。

初期脱毛以外にもプロペシアやミノキシジルを使ったAGA治療を受ける場合は、上記なような副作用のリスクがあります。

しかし、これは風邪薬や頭痛薬といった市販薬と全く一緒ですし、AGAスキンクリニックの医師が指示する用法や用量を守っていれば不快な症状は引き起こされずに済むはずです。

自分勝手な判断で内服する量や回数を増やすのは危険なので、医師のアドバイスに従ってください。
 

>>> AGAスキンクリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAスキンクリニック