薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAスキンクリニックでアボルブは処方されているの?

   

AGAスキンクリニックでは残念ながらアボルブは処方されておらず、公式サイトにも一切記載されておりませんでした。

AGAによる抜け毛や薄毛を治療するに当たり、プロペシアではなくアボルブを服用しようと考えている男性は増えております。

イギリスのグラクソ・スミスクライン社から製造されている内服薬がアボルブで、年齢を重ねるにつれて排尿障害の症状が出る前立腺肥大症の治療薬として開発されました。

2001年にはアメリカのFDA(食品医薬品局)、2009年には日本の厚生労働省から認可を得ており、医師から処方された男性は多いはずです。

本来は前立腺肥大症の治療薬ですが、アボルブの中にはデュタステリドと呼ばれる成分が含まれており、患者さんの中で発毛症状が多々見られたことから現在では発毛剤として注目を集めております。

プロペシアと同じように酵素の5αリダクターゼを抑えてAGAの元凶となるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を防ぐことができますが、プロペシアの中に含まれているフィナステリドの1.5倍の効果が認められたのです。

それは恐らく、以下のように酵素への作用の仕方が大きく異なるからではないでしょうか。

フィナステリド⇒Ⅱ型の5αリダクターゼしか阻害しない
デュタステリド⇒Ⅰ型とⅡ型と5αリダクターゼの両方を阻害する

頭皮にはⅠ型とⅡ型の5αリダクターゼが存在しており、両方の働きを阻害してくれるのがデュタステリドの特徴で、アボルブの方がプロペシアよりも効果が高いと考えられている理由です。

しかし、アボルブがAGA治療薬として認められたのは2015年と最近のことで、だからこそAGAスキンクリニックでは処方を行っていないのかもしれません。

AGAスキンクリニックに限らず、アボルブを処方してくれる医療機関は限られております。

2016年現在でアボルブを処方している有名な医療機関は、「新宿ライフクリニック」「旭川皮フ形成外科クリニック」「聖心毛髪再生外来」「渋谷三丁目クリニック」です。

とは言え、AGA治療に有効なのは臨床試験でも証明されておりますし、これからAGAスキンクリニックの治療メニューの中に加えられる可能性は十分にあります。

ただし、アボルブもプロペシアと同じように男性ホルモンに少なからず作用する内服薬なので、性欲減退やED(勃起不全)、倦怠感や肝機能障害といった副作用が報告されているので服用の際には十分に注意しましょう。

現在では個人輸入代行業者で海外で販売されているアボルブを入手できるようになりましたが、安全性を考慮するならば医療機関で医師から処方してもらうべきです。
 

>>> AGAスキンクリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAスキンクリニック